So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

袋井市の分譲地・ハーベスト豊沢視察 [建築]

こんにちは、大林です。

暑くなったり、寒くなったり、雨が降ったり、春の天気は変わりやすく参りますね。

2018-04-17 13.01.04.jpg
 今日は、袋井市まで足を延ばして「ハーベスト豊沢」という菜園付き分譲地を見てきました。
ここは、地盤調査・地盤改良を行っているグラウンドワークス(株)さんが売主の分譲地。

2018-04-17 12.55.45.jpg
菜園が隣接していて、農的暮らしや食育に興味のある方には最高の環境。

 ちょうど建築中の建物の中を借りて、セルロースファイバー・ホウ酸防蟻・砕石パイルの商品説明が行われました。

どの商品も説明を聞いたり、使ったことがあるので内容は知っていましたが、今回一番の驚きは・・・

セメントを使った地盤改良(柱状改良)の際に、沈下事故の起こりやすい「黒ボク土」という独特な土質の実物を見たこと。 話は聞いたことがあるのですが、実物を触ったことは初めてだったので印象に残りました。

酸性が強いため、アルカリ性のセメントと非常に相性が悪く設計通りの支持力が得られないのだとか。

2018-04-17 13.05.32.jpg
実物は・・・変な話ですが、「馬糞」みたいな感じ!

一応、経験を深めるために恐る恐る手で触り、さらに恐る恐る匂いを嗅いでみました(笑)。

2018-04-17 13.05.36.jpg
こちらは山土(やまつち)。 現場で見慣れたいわゆる普通の「土」です。

2018-04-17 13.05.54.jpg
環境に配慮した地盤改良工事、砕石パイル工法の紹介がありました。

2018-04-17 13.05.44.jpg
直径60センチにドリル上の重機で穴を掘り、砕石を詰めながら締め固める工法で地耐力向上と同時に水はけが改善されます。

その他、外構造園業者のナインスケッチさんの雑木の庭のレクチャーも非常に興味深く拝聴しました。
ただ・・・天候が悪化しテントが時々飛びそうになりヒヤヒヤしましたが(笑)。

 菜園・植栽に興味を持った人のみを受け入れる分譲地というコンセプトが面白く、量産メーカーには対応できない家づくり、という観点が非常に面白く勉強になりました。

大林勇設計事務所
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

第4回奥三河パワートレイルに参加します。 [奥三河パワートレイル]

こんにちは、大林です。

 全く趣味のお話で家づくりとは関係ありません。 ネタがあれば5,6回続くかもしれません。
興味のない方は読み飛ばしてください。(笑)

 愛知県の新城市の奥三河地方で行われる、第4回奥三河パワートレイルという距離70キロ、累積上昇が4000mという、45歳の善良な建築士のオジサンが参加するとは普通思えないようなトレイルランニング大会にエントリーしてしまいました。

ここまでの経緯としては 

 高校の先輩、同級生と同窓会関連で会うようになり、

→一人3キロ駅伝に誘われ

→秋のフルマラソンにも出ようぜと誘われ

→(昔走ったことあるし楽に行けるかも)

→(20年近く運動していなかったので、練習で3キロも続けて走れずに落胆)

→10キロ体重が自然に落ち、20年近くぶりのフルマラソンを3時間33分で無事完走。

→その後、3時間25分でマラソン再履修1年目終了。

→ついつい、話のネタに100キロマラソンにエントリーし10時間13分で無事完走。

2017-04-30 13.20.36.jpg

→その1週間後に行われた第3回奥三河パワートレイルを見学。 興味がメラメラと湧く。

→夏場もコツコツとジョギングし、2017年8月真夏の北海道マラソンで3時間6分。

→(このペースだと運が良ければサブ3(フルマラソンで3時間を切ること)狙えるかも、と欲が出る。)

→2017年秋、興味を持っていた奥三河パワートレイルにエントリー。

→2018年冬、サブ3を意識してから3レース目で念願のサブ3達成。

→フルマラソンのシーズンが終わり、冷静になる・・・。

→(70キロのトレランってとんでもないものにエントリーしてしまったかも(怖))←いまココ


 参加者にとっては相当大変なレースらしく、タイムオーバーで半数の人が関門で引っかかるそう。

 ロードの100キロ完走者 または、トレラン50キロの完走者しか参加できないにも関わらず、完走率が約50%!  簡単ではないのは当然理解しているのですが、やはり45歳でも「オトコノコ」ですから多少の無茶は大好き!

 建築家の安藤忠雄氏も以前聴いた講演会で、サムエルウルマンの「青春」という詩の1節、

「青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。」と紹介されていました。

よーし、私も頑張ってみますか。   つづく・・・。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

土地を買う前に・・・ [建築]

こんにちは、大林です。

 やっとお子さんの春休みも終わり、入学式・始業式でホッとしているのは我が家だけではないでしょう。お子さんが次のステージに進まれ、家を離れて寂しい思いをされているご家庭も?

さて、今日は土地取得のネタを思いついたので、そんなお話を。

 私、趣味がジョギングなのであちこちによく出没します。

 意外なところに売り物件があるなとか、この土地はなかなかのクセ地だなとか、地盤悪そうだなとか、水道引くのにお金かかりそう、とか。

 一般の方が気付きにくいのは、地形・地盤・インフラ・造成コストetcでしょうか。

IMG_2986.jpg

これ、私の家が建っている場所です。 前歴はみかん畑でした。

この段階で土地の契約をし、年に2回しか受付されない農用地除外申請と農地転用に進みました。

 初めてですからやはりドキドキしますよね。 同時期申請の方の道連れ(年2回のグループは一心同体の運命)で約1年待ちました。 「ホントに建つんかいな?」と一般の方と同じように不安もありました。

 IMG_4928.jpg

みかんの根の除去(売主負担)はあったものの、元々の地形が三方原台地の上なので地耐力には心配もなく、無事家が建ち現在に至ります。

これから土地を取得し、住宅建築を考える場合に注意が必要なこと。

・地盤の強さ(地耐力)
・地形(水位、地質)
・上下水道、電気、ガス(調べればわかる)
・接道(法的に家が建つか経たないか、建築の際に支障がないか)
・用途地域(法的に建てたいものが建つかどうか)
・市街化調整区域の特例(大規模既存集落の特例を使えるか使えないかが大問題)

好みと状況によるところが大きいですが・・・
・眺望
・子供の学区
・バスのルート、頻度

そんなところでしょうか。
「あらら・・・orz」を防ぐためにも、購入前の相談も承ります。

 いや、むしろ土地と建物の総額を考えた資金計画・スケジュールも重要なので事前に相談していただいた方が良いかもしれません。

 資金を土地取得に全力投球した挙句に、資金的に建物で我慢を強いられるとツラいと思いますので。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

春ですね。 自宅バージョンアップ。 [建築]

こんにちは、大林です。

あちこち桜も咲き始めてすっかり春ですね。

 次男(4月から中2)は、本日離任式で登校。 離任式って毎年当たり前にあるものだと思っていたけど、次男が高校を卒業するともう無いのか。 当たり前だと思っていたものが無くなることもあるのか、とハッと運転中気付いてしんみり。 春は分かれと出会いの季節でもあります。

 市役所方面に行ったついでにパチッと。 日曜日に長男(4月から高2)の高校の教科書を買いに行ったときはあちこち渋滞でひどかったですが、本日は平日とあって大丈夫でした。

2018-03-27 10.31.26.jpg
浜松城。

2018-03-27 10.33.33.jpg
公園内にはラーメン屋出現。

2018-03-27 10.34.55.jpg
そういえば、スタバが浜松城公園内にOPENだって。

お知らせというほどでもないですが・・・

勝手口が殺風景で丸見えで改良したいなと常々思っていたのですが・・・早6年。
建築士といえども、反省はあるのです。

2018-03-25 10.08.31.jpg
土曜日に自宅の勝手口周りをバージョンアップして木格子設置しました。

 頭の中で構想を事前に練っていて、金曜日に眠っていた変質直前のオイルステインをササっと塗り、ちょっと生乾きでしたが土曜日に組み立てました。 大工さんにああしてこうしてといつも指示する立場なので、作り方とコツはソコソコ分かっておりますので「人様からお金はもらえませんが自宅なら合格でしょ!」というレベルでは作業できたと思います。

 食品庫が手狭になったのでペットボトルや空き缶のゴミ箱を外に出し、見苦しくない程度に納めるのが今回の目的。 そこそこ満足の結果となりました。

2018-03-20 07.58.06.jpg
 最近は朝明るくなるのが早くなり、ぼんやりと見える障子のシルエットが美しく、「日本人で良かった」と思う大林でした。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

素敵なお店発見「Hoo!Hoo!」(愛知県・湯谷温泉) [建築]

こんにちは、大林です。

 しばらく晴れが続いていたのですが、今週は雨が続きますね。
卒業式のあったご家庭もあることでしょう。 旅立ちの春でもあります。

 さて、先日トレイルランニングの練習に愛知県の新城市に行ってきました。5時間半くらいかけて宇連山往復してきました。 アホですねえ(笑)。

2018-03-18 08.43.17.jpg
こんなところを通りました。(さすがに走れませんが)

 湯谷温泉の無料駐車場に戻り、近くの足湯に浸かり、ぼーっとしていると「温泉饅頭とか売っていないのかな?」とふと思い立ち、車でサラッと湯谷温泉街(とてもこじんまり)を通る。

「ピピピ!!」

建築レーダーが反応しました。

2018-03-18 13.52.00.jpg

ウチの小僧風に言うと「ヤベーよ、ヤベーよ。」でしょうか。
何とも私好みの外観。

しかし、この建物は何だ? トレラン帰りでTシャツ短パンのオッサンが入って良いのか・・・。

2018-03-18 13.51.20.jpg

CAFEと書いてある。 ツーリストインフォは分かるとしても「Share Base」ってこの温泉街で何をシェアするというのか?? 足湯もある。 私の大好きなゲストハウスというやつか?

2018-03-18 13.51.07.jpg

昔は、旅館だったんだろうなという玄関の様子。 物販店だとこの格好で入るのに気が引けるが、カフェならお金さえ払えば断られることもないだろう。

2018-03-18 13.37.36.jpg
 
中に入る。 段差で靴を脱ぐのかと思い、「さっきの足湯で靴下脱いだままで裸足で恥ずかしいな。」と思っていたところ、靴のままどうぞ、とマスターの声。 若く、人当たりのよい青年。

 「奥三河パワートレイルの試走で来たんですよ。」、私というと「ああ、もうそんな時期ですね。」と雑談少々。 すでにオープンして1年近く経つようですが、県が違うと情報も届かず全くのノーマークのお店でした。 ただ、雑談していて思ったのは、「ちょっと大きな病院に行く必要があると、聖隷三方原病院に行きますよ。」とか「浜松のイオンにたまに行きます。」とか、感覚的には隣町感覚でした。

2018-03-18 13.46.35.jpg

奥は和室を改造したと思われる空間。

2018-03-18 13.37.47.jpg
反則とも言えるほど良好なリバービュー席。

2018-03-18 13.47.10.jpg
新緑の季節はもっといい眺めだろうなあ。

メインのカウンターの雰囲気がとてもよく・・・あれっ?あれっ? 写真がない。 そういえばマスターの入ったメインのカウンターの写真を撮っていい?と聞くのが少々恥ずかしく、撮り忘れてしまったみたい。

あの素晴らしいカウンターの雰囲気は写真では伝えにくいので、「御自分の目で是非!」とまとめておきましょうか。

マスター、また顔出しますね。 地域振興にこの投稿がほんの少しでも役に立ちますように。

Hoo!Hoo!公式HP

愛知県公式観光ガイドの紹介ページ

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

名建築たる所以を考える。 [建築]

こんにちは、大林です。

土曜日にふらっと思い立ち、資生堂アートハウス&資生堂企業資料館に足を運んでみました。

というのも掛川で開催された子供の部活の大会(メンバー外で出番無し)に送って行ったあと、自宅に戻ってもまたすぐに呼び出しがありそうな気がして、近くでウロウロ時間つぶし。

「そうだ!」とアンテナがビコーーン!と立ち、資生堂に向かう。

資生堂って化粧品で有名なあの資生堂ですが、建物と展示が素晴らしく個人的掛川の観光おススメスポットです。

2018-03-03 11.10.22.jpg

まずは、資生堂アートハウス。 簡単に言うと美術館です。 1980年に日本建築学会賞を受賞した建物で、高宮真介、谷口吉生両氏の設計です。  時間があったこともあり、「どんなところが秀逸なのか。」を椅子に腰かけて私なりに考えてみました。

・すっきりとした諸々の納まり。
・美術館にありがちな展示室・通路という単調な構成ではないこと。
・部屋の内部に高低差を透けることで緩やかにゾーンが区切られている。
・ただ、順路通りに進むとなると、高齢者・車いすの方にはややつらいかな。

同じ敷地のもう1つ、資生堂企業資料館。

2018-03-03 11.09.05.jpg

 私、建築も仕事柄好きなのですが、広告・コピー・デザインにとても興味があり、こちらの展示は食い入るように眺めました。 資生堂は、昔から目を引く広告を作っていて、館内にも美しい女性の広告ポスターがあちこちに張り巡らされており、ドキッとしています。

 広告のコピーがとても素晴らしく、思わずメモを取ってしまいました。
・Make Up Tokyo (1964 東京オリンピックの頃の広告)
・一瞬も一生も美しく

企業のイメージを一言で表す言葉の力に唸りました。 

 こちらの建物の設計も展示計画との相乗効果で素晴らしく、実際の広さ以上の広がりを感じました。
私のような年齢の男性が買える資生堂商品はそれほどないでしょうが、素敵な会社ですね。すっかりファンになりました。  きっと、誰でもこの資料館を出たときにはグッと心を奪われ、そう感じるのではないでしょうか?

 このままの流れで出口で売店でもあれば掛川工場限定商品でも売りそうなものですが、敢えてそうしていないのが会社のフトコロの深さであり、ガツガツしないブランドイメージなのかなと別の意味でも感心しました。 

みなさま掛川に行かれる際は是非どうぞ。

資生堂アートハウスHP

大林勇設計事務所


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

為せば成る! 「静岡マラソン2018」 [趣味]

こんにちは、大林です。

本日ひさしぶりの雨。 終わりの見えないような今年の寒さでしたが、段々春が近づいている感じです。 

さて、家づくりにはどうでもいい趣味のお話(笑)。

高校の同窓生に触発されて2シーズン、マラソンに取り組み始めました。 そしてついに昨日、ランナーの上位3%と言われる「サブスリー(フルマラソン3時間以内)」の世界にたどり着きました。

2018-03-05 08.10.22.jpg

自己満足以外の何物でもないですが、オジサンでも何とかなるものです。 

 同窓生やラン友に刺激されて走り続けているわけですが、本当に皆さんと縁があって出会って良かったなというのが正直なところです。  沿道には同窓生や地元杏林堂のランナーズクラブ「スマイリーエンジェル」の応援があり、折れそうな心を支えていただきました。

 40過ぎると、お金で買えるよりも縁や人脈、出会いとかお金で買えないものの尊さが身に染みるようになります。 ちょっとジジ臭いですかね(笑)。

同窓の先輩の超有名人とご一緒させていただくことになっていたので、先輩の著書とマジックを持参し、サインいただきました。
2018-03-04 20.20.24.jpg

せっかくの記念日でしたので、「祝サブスリー!」も入れていただきましたよ(笑)。
2018-03-04 20.20.43.jpg

美和先輩ありがとうございました。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

暮らしと食事 [建築]

こんにちは、大林です。

 平昌オリンピック真っ最中、皆さんテレビ観戦してますか?
選手の帰国がやけに早いなと思ったら、隣の国でしたねそういえば。

 大学の時、休みの日はスキー場でコブコブを楽しんだり、モーグルのまねごとをして頭部バックリ切れた経験のある私としては、スキーにしてもスノボにしても空中技が異次元過ぎて唖然としてしまいます。 たぶん、道路の信号機くらいの高さまで飛んでいる感じ? ああ恐ろしや。

そんな感じで、私はスポーツ大好きです。

27993531_1552534531530969_1594235600418803313_o.jpg

日曜日は、地元浜松で開催された「第14回浜松シティマラソン」に参加。
陸上経験が中学校で終わっているオジサンの割には、4656人中117位で上出来の結果。

「日頃見慣れた浜松の街でマラソン開催というのはこんなに楽しいんだね。」というのが今回の発見でした。 各所で交通迂回などご迷惑お掛けしているかもしれませんが。 また、来年も出たいと思います。

 さて、こうしてスポーツに取り組んでいると思うのは、「人間は食べたもので出来ている。」ということ。

2018-01-09 10.27.49.jpg

 秋にキャベツの苗を植えたのですが、この冬はキャベツが高く、自家栽培野菜で大助かり。 料理も好きなので贅沢に白菜・キャベツ・大根を食べています。 キャベツなんてスーパーで1玉400円超えていてビックリ。

納豆やヨーグルトなどタンパク質も欠かせませんね。 糖質は減らそうかななんて、オジサンランナーなりに試行錯誤しております。 面倒なことを楽しんでいます。

とどめは暖かい家で良く寝る。 これに尽きます。

当事務所の家づくりは「心の健康・体の健康」をテーマにしていきたいと思います。 強制的にマラソンを走らされることはありません、多分(笑)。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

家族が成長すれば暮らしも変わる。 [建築]

こんにちは、大林です。

今日は久しぶりの雨、植物にとっては恵みの雨! 私の狭い家庭菜園のキャベツも成長してくれるといいな。 野菜が高いので(笑)。 

今日は絵本でハッとしたお話の紹介。

高校の先輩のFacebookで絵本作家の森山京さんの訃報を知らせる記事を見かけました。

 そこでは先輩がかつて読み聞かせをされたという森山京さんの代表作の「おおきなテーブル」という作品が紹介されておりました。 あらすじをサラッと読んだところ、仕事がら読みたくなり、とても久しぶりに図書館で絵本を借りました。 絵本なんてほんと懐かしいなあ。

2018-01-16 07.22.53.jpg

すごーく大雑把に言うと、家の「おおきなテーブル」を中心に描かれる家族の変化を描いた物語です。

当事務所の建主さんは若夫婦が多かったのですが、ここ数年は子供が巣立ってからの建て替えなどのご縁があり、家族の時間変化を意識して設計する機会が増えたのでちょっとしんみりしてしまいました。

まさに、我が家も中1・高1の長男次男の巣立ちも意識する時期になり、絵本の主人公のうさぎのおばあさんの心境が他人事ではなく、「はぁー[右斜め下]」とため息が出てしまいそう。 生意気盛りですが貴重な時間を過ごしていることに気づかされます。

我が家は毎年、実家に押し掛けてワイワイとこたつを囲んで年越しするのですが、これって幸せなことなんだなと実感します。 きっと親孝行ですよね? 迷惑かも(笑)?





お子さんが大きくなって来たパパママにも是非読んでほしいと思います。

子供が小さいときは、私も実感なくスラスラ読めたと思いますが、今は声に出して読むと胸が詰まってしまいそうです。 子供と暮らす住宅設計のヒントを得た気がしました。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

便利な時代ですね。 [建築]

こんにちは、大林です。

3年に一度の定期講習に行ってきました。

2018-01-11 13.25.11.jpg

姉歯事件のあとで、「建築士の知識と能力を向上しなくては!」ということで始まった定期講習制度。
受講料12000円の出費だがやむなし。

感じたことをちょっとメモ。

ちょうど数日前に高校生対象のT進ハイスクールの受講システムの説明を受けたばかりだったので、この日のN建学院の講習を聞いても、今更ですが時代は変わったなと改めて実感した。

昭和的考え方(笑)だと、そこに先生がいて生徒がいて講義が成り立っていた。 今は、会場を用意して講義というコンテンツを売るのが塾や予備校のビジネスモデル。

コンテンツが出来上がれば、一人でも多数の人に売るのが商売成功の秘訣。 そりゃそうだ。 そのくせ、受講費は安くはない。 

わざわざ予備校まで通わなくても、田舎の山間部でも地球の裏側からでもインターネット設備があれば、受講は可能。

好きな時間に好きな場所で視聴できる。 便利なのはわかるんだけど・・・。

ただ、ちょっとその感覚は私のような昭和人にはちょっとドライすぎて、物足りないな。
住宅の設計がこんなにドライだったら、面白くないだろうな、と感じました。

もうしばらく、ウェットで手間がかかる世界で仕事して行こうと思いました。

2018-01-09 16.31.22.jpg

この前、古本屋の前を通ったら店頭で一冊108円だったのでついつい購入。 邪魔になったから処分された本かな。  場所を取るし、何度も読む本でもないのですが、桂離宮と法隆寺ですからね、建築を生業とするものなら素通りできない(笑)。

大林勇設計事務所
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅