So-net無料ブログ作成

「令和」ですか! [趣味]

こんにちは。大林です。

春が到来したような気もしましたが、静岡県西部は意外と風が強く何か羽織るものが無いと心細い天候です。 皆様いかがお過ごしでしょうか?

平成30年度も終わり、今日から新年度。
我が家の子供たちは、高3と中3になります。

周りの先輩方のお子さんも、この春大学に進学され、家を離れるなんて話もチラホラ。
来年は、ウチはどうなっているんだろうね、寂しいだろうね、なんて妻と話をしております。

2019-04-01 09.23.42.jpg

西気賀方面に行ったついでに寄り道してパチリ。 この時期の奥浜名湖はホントにいい。

さて、今日4/1と言えば・・・エイプリルフールはどうでも良くて、新元号発表ですよ。

私の生活の何が変わるわけでもないのですが、ちょっとソワソワして午前中の用事を早めに済ませ、11時25分くらいからTV前にスタンバイ。

11時半には、菅官房長官がドアを開けて現れて、新元号発表!のはずだったのですが、諸事情により10分ほど遅れて発表となりました。

すでにご存じの通り「令和」であります。
近くに「昭和」がありますので、文字の並びを見て個人的には「えー[右斜め下]」という期待はずれな印象(失礼)を持ちました。

ただ、突然生まれたような文字の組み合わせですから、そう感じたのも当然で、皆そのうち慣れるのでしょう。

 昭和から平成に変わったのは、中学の時だったでしょうか?
漢和辞典を引っ張り出してきて、コタツに入りながら妹と小銭を賭けて元号当てゴッコをした記憶があります。 当時は、スマホどころか携帯電話もありませんでしたので、実にアナログでした。

あれから31年か。 青春時代はすべて平成の中に有ったんだと考えるとすごく不思議な気持ちです。

ウチの子たちの青春は「令和」の時代の中にどう描かれていくのか、楽しみでもあります。
  
残り少ない平成31年もいい時間でありますように。

大林勇設計事務所

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

海の見える駅「根府川駅」(神奈川県小田原市) [趣味]

こんにちは、大林です。

 昨日、期限の迫った青春18きっぷ(青春とは名ばかりでオジサンも使えます。)が1日分残っていたので、小田原市にある、江之浦測候所というところに出かけました。

・・・ですが、その件は次回(笑)。

今日は、無料送迎バスの発着点であるこの根府川駅について。

「へえー、無人駅ね。」「今どき、東海道線で珍しい。」程度しか思っていませんでした。 コンビニもない小さな駅くらいの予備知識は聞いていましたが。

それがですね、下車してビックリ。 ロケーションが最高にいいのですよ。
駅を降りて、心がときめいたのは初めてです。 オーシャンビュー。

2018-09-06 09.08.47.jpg

駅なだけあって、架線が飛び交っていたのと安全対策の金網がちょっと邪魔だったり、さらには手持ちのレンズは省スペースのための24ミリ単焦点一眼レフ、それとスマホだったり、万全の準備でなかったのが悔やまれます。

IMG_3049v1.jpg

青春18きっぷの宣伝ポスターで、毎年心奪われるような風景に出会うのですが、まさか今日リアルに出会うとは! 

IMG_3042v1.jpg

帰宅して検索してみると、鉄道写真撮りには有名な駅みたい。

海の見える駅のサイト

興味のある方は是非。 便利な場所の無人駅です。

 江之浦測候所に行かれる方は、マイカーやタクシーではなく、敢えてこの無人駅から送迎バスに乗るべきだと声を大にして言いたいところです。

 やっぱり、海は良いな! 芸能人が海の見えるところに別荘を買うのが何だかわかるような気がした1日でした。

大林勇設計事務所


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

この1週間の楽しみ [趣味]

こんにちは、大林です。

 最近、すっかり涼しくなりエアコンの出番も減りましたね。
今まで暑くて趣味のマラソン練習量を減らしていましたが、土曜の朝は21キロ走。
秋に向けて徐々に調子を上げております。

さて、今日は仕事の話ではありません(笑)。
8/12から8/19まで開催されていたTJAR(トランスジャパンアルプスレース)の話。

富山から静岡まで本州を横断するという、2年に一度の総距離415キロのとんでもないレース。
それも、ただ舗装路を走るわけではなく、山の素人の私でも知っているような山々をいくつも超えていくというのですから驚く限りです。

GPSで現在地が更新されていたので、毎日ちょいちょいチェックしていました。

去年の夏休みに家族で木曽駒ケ岳に行ったこともあり、ここを通るTJARには興味津々。
昨年も駒ヶ根の街中をリュックを背負って走り抜ける人がいたので、練習中だったのかな。

2017-08-13 09.55.45.jpg
写真は木曽駒ケ岳から中岳方面に下るところ。

日曜日の夜中12時が最終ゴールで、選ばれし精鋭30人中27人が完走したというから恐れ入ります。
4連覇中だった、静岡市の消防署員の望月将吾さんは、食料全部持参の無補給走破を敢行し無事上位完走。 今回で卒業とのこと。

 今朝知ったのですが、最後の走者なんて競技終了2分前のゴールだというのですから、ビックリです。最高齢は58歳の竹内さん。 タイムは7日と23時間17分ですって! 何ですかその時間。

 TJARの地図を見ながら、山に行きたいなあと思う大林でした。 まずは近場でハイキングからです。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

昨日の記者会見を見て・・・ [趣味]

こんにちは、大林です。

 次男の中学校は、そろそろ家庭訪問の時期。
妻の仕事の都合がつかない場合は、家で仕事をしている私が対応。

何を言われるのだろう、ちょっとドキドキ(笑)。


 さて、昨日心が痛んだ出来事と言えば、某スポーツ選手の会見。
子供世代の出来事には、「もし、うちの子だったら」と真剣に見入ってしまう。

 日本代表クラスの学生選手とのことだが、ガタイのいいごく普通の学生の横顔に見える。
相手に故意に怪我をさせるような悪者にはとても見えない。

 弁護士のバックアップと事前準備があったとは言え、20歳の学生の会見とは思えないような、正々堂々そして被害者への誠意の感じられる会見だと感じた。

 大好きなスポーツだったのに大学では楽しめなくなっていた挙句、今回の事件で取り返しのつかないプレーをし、もうこのスポーツはしないとのこと。 大学も指導者も彼を守ろうとせず、沈静化を図ろうとしている。 事実を明らかにし、被害者に謝罪するために顔と実名を晒して大勢の大人とカメラに囲まれさぞ辛く、怖かったことと思う。

 話変わって、本日の仕事の移動中に中学校の陸上部でよくジョギングしていた場所を見たくなり通過。 天気が悪く、もの悲しい写真になってしまった(笑)。 いわゆる田舎の田んぼ道である。
2018-05-23 09.42.20.jpg

 特に速かったわけでもなく、並の陸上部員だった中学時代。 高校でも大学でも部活らしい部活はせず、大人になってからも気晴らしにジョギングする程度。  いやな思い出がなかったせいか、走ること自体は嫌いではなかった。 

 最近は高校の同窓生の縁から走るのが無性に楽しくなり、毎月200キロは必ず走る割と真面目な市民ランナーに大変身。 フルマラソンでは学生時代より速くなり2018年3月に3時間を切り、サブスリーランナーの仲間入り(ランナーの上位2~3%)。 

 やはりスポーツは楽しいものであってほしい。 気晴らしだったり、達成感を得るためだったり、生きることのプラスの物であってほしい。

 記者会見の彼の「もうこのスポーツはしない」という言葉が、今までの彼の人生を否定する、悲しい訣別宣言のように聞こえて、大好きだったはずのスポーツに逆に追い詰められていたのだろうなと親世代としては本当に辛くなる。

 「常識で判断すれば、人として善悪の区別くらい分かるだろ。」という外野の意見もあるだろうし、それは本人も謝罪しているが、きっと神様のような存在の監督の指示に絶対服従の風土だったのだろうか。 その結果、プレーを指示した監督もコーチも選手を守らないなんて、こんな裏切りあるだろうか?

 時間は巻き戻せないが、どういう形であれ彼がまたこのスポーツを楽しめる日が来ることをオジサンスポーツマンの一人として願う。  「記憶にない」とか「確認できる事実はなかった」とか、のらりくらりの、地位のある大人の記者会見が続く昨今、勇気ある若者の記憶に残る記者会見だった。  

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

為せば成る! 「静岡マラソン2018」 [趣味]

こんにちは、大林です。

本日ひさしぶりの雨。 終わりの見えないような今年の寒さでしたが、段々春が近づいている感じです。 

さて、家づくりにはどうでもいい趣味のお話(笑)。

高校の同窓生に触発されて2シーズン、マラソンに取り組み始めました。 そしてついに昨日、ランナーの上位3%と言われる「サブスリー(フルマラソン3時間以内)」の世界にたどり着きました。

2018-03-05 08.10.22.jpg

自己満足以外の何物でもないですが、オジサンでも何とかなるものです。 

 同窓生やラン友に刺激されて走り続けているわけですが、本当に皆さんと縁があって出会って良かったなというのが正直なところです。  沿道には同窓生や地元杏林堂のランナーズクラブ「スマイリーエンジェル」の応援があり、折れそうな心を支えていただきました。

 40過ぎると、お金で買えるよりも縁や人脈、出会いとかお金で買えないものの尊さが身に染みるようになります。 ちょっとジジ臭いですかね(笑)。

同窓の先輩の超有名人とご一緒させていただくことになっていたので、先輩の著書とマジックを持参し、サインいただきました。
2018-03-04 20.20.24.jpg

せっかくの記念日でしたので、「祝サブスリー!」も入れていただきましたよ(笑)。
2018-03-04 20.20.43.jpg

美和先輩ありがとうございました。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

袋井クラウンメロンマラソンに参加してきました。 [趣味]

こんにちは、大林です。

 ハッ! マラソンブログの様になってしまった。仕事ブログですからこれはいけません。 
ただ、ダイエットを兼ねた健康維持ですから、大目に見てください。

2016-12-11 06.11.22.jpg

日曜朝に、日の出前に袋井市を目指して家を出ました。 目的地は・・・

参加したのは、第28回袋井クラウンメロンマラソンin エコパです。

S_5331409417040.jpg

国体もサッカーワールドカップも開催された立派なスタジアムがスタート・ゴールです。

10月に島田市で17年ぶりにフルマラソンを走ってから、もう一度フルマラソンを走ってきました。
申し込み済みのフルは今シーズンはこれで終わりです。

2016-12-10 14.09.51.jpg

よく誤解を受けるのですが、給水所でメロン食べ放題なのか? という疑問。
これは全力で否定させていただきます。  正解はゴール後に1人小さな2切れ程です。

ただ、イチゴやバナナ、とんがりコーン、塩飴など、オヤツはありました。 今回、ちょっと真面目に走ったので、必要なもの以外スルーでしたが。 ゴール後に「イチゴ食べておけばよかったな」とか思うわけですが(笑)。

事前情報では、起伏に富んでいるうえに風も強くてなかなか大変なコースという噂。

ほぼド平坦な島田大井川マラソンと比べたら、どうしたって記録は落ちるよね。
半年の練習で17年ぶりのフルマラソン、3時間30分に迫ったわけですから、まあ上出来でした。
44歳頑張ってるねと自分を励ましながら、タイムの皮算用。  

どうせなら4時間は切りたいなあ、今回のクラウンメロンマラソンの目標設定は3時間45分くらいかな、と。後半に向けて体力を温存しながら、8割運転くらいでのらりくらりと前半をしのぎます。

ハーフ通過が予想より早く、「あれっ?意外と楽。」。 ただ、30キロ過ぎで地獄を見るのはいつもの事なので、そのまま走ります。 今回は珍しいことに、一般ランナーもスペシャルドリンクを置けるということでしたので、ドリンクゼリーやアミノ酸ドリンクやブドウ糖タブレットなど、十分な補給をしたところ、自分でも信じられないほど崩れない。

 最後のエコパ敷地内の坂道では止まりそうでしたが、3時間30分を切れそうだったのでなんとか自分を励ましながら一歩も歩かずゴール。

S_5332418399320.jpg 

何と、出来過ぎのゴールタイム。 寒かったので汗が少なく1回トイレ行ったのに。

公式記録 3時間25分52秒 (スタート通過からのネットタイム 3時間25分38秒)

このコースで記録更新?と半信半疑でしたが、まさかのサブ3.5! (3時間30分を切ることを市民ランナーの間ではそう呼ばれます。) ちょっと胸を張れます、エヘン。

この前のマラソンでは、24歳の時のタイムにあと10分まで来ました。
今回、ビックリの8分短縮。 11月に250キロ走ったのが良かったかも。

24歳の時のタイムまであと2分! 44歳でも練習すればまだまだ伸びることが分かりました。

俄然、やる気マンマン。 20年前の自分の背中が手の届くとこまで近づいてきました。
ただ、ランニングブームの折、今シーズンの近場のフルマラソンはすべて申し込み終了。 「24歳の自分」を追い越すのは、来年11月のしまだ大井川マラソンまでお預けです。

「サクッと抜いてやるからな、24歳の自分!」 2017年の目標が決まりました。 

走るようになって変わったことは、食べ物を意識するようになったことですかね。

家族の出払った昼はほぼ自炊なので、冷蔵庫を覗いたり、小さな家庭菜園の野菜を収穫してきたりして自分で体に良さそうなものを食べています。  自然とお酒もそれほど飲まなくなり、特に我慢もせずに健康のスパイラル効果とでもいうのでしょうか。 

調子がよい→走る→体重が落ちる→調子が良い→走る→・・・という風に良い効果を生んでいます。 1年前より7キロくらい落ちましたので、体が軽ければラクな訳です。

やっぱり健康に暮らすことが大切ですからね。(と無理やり家づくりの設計事務所っぽくまとめる。)

体重と健康にお悩みの皆さん、運動してみませんか? 自分の経験から言うと、まずは30分ウォーキングがいいですよ。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

しまだ大井川マラソン結果報告 [趣味]

こんにちは、大林です。

 10/30日曜日に17年ぶりのフルマラソン大会「しまだ大井川マラソン」に参加してきました。

 自分でも17年ぶりとか書くと改めて、随分無茶するなあと思うわけですが、ウォーキングから始めて30キロ練習に至るまで一応段階を踏んで5か月で900キロほど走りましたので、一応準備はしたということで。

14881322_1177727892316913_2004124569_o.jpg

スタート前の一コマ。小雨と寒さ防止のためゴミ袋をかぶっています。

前日に、高校の先輩方と「雨マークは消えたし、大丈夫だね。」とやり取りをしたはずだったのですが、起きてビックリ!! 路面は濡れるわ、車のフロントガラスは濡れるわで、巷で噂の「大林雨男伝説」が現実のものになるところでした。  しかし、スタートが近づくとくもりで気温も低めでベストコンディションに好転。 ホント、天気には救われました。

そろそろ、結果書きましょうか。

まずは写真を。↓

2016-10-30 13.28.34.jpg

公式記録 3時間36分08秒  (スタートライン通過からのNETタイム 3時間33分58秒)
もう、出来過ぎです。 最後はタレてしまいましたが、マメや靴擦れなどノートラブルで無事完走。

 6月に練習を始めた当初は不安で不安でたまりませんでした。 ハーフを練習で走っても1時間55分とかかかり、このまま2倍+αしたらフルマラソン4時間切れないじゃん。 やっぱり昔の記録なんて再現できないよな、24歳の時の記録だもんな。 年齢を重ねれば体力は落ちるし、太ったし、言い訳はいくらでも湧いてきます。

 でも、GPSウォッチ(GARMIN)のデータを高校の先輩方と共有し、刺激を受け励まされ「二日続けて休まない」ことを目標にせっせと走ってきました。 三か月くらいすると体重がスルスルと落ちてきて75キロから60キロ台に突入。高校生以来に見た60キロ台の数字でした。 ちなみに大会当日は、ゴール後に2Lほど水分を取ったにも関わらず、帰宅して計測すると66.6キロでした。 体重が落ちるとスピードも上がり、本番前のハーフ練習では1時間40分ほどで走れるほどに。 これは期待が持てます。

 ただ、4時間は切れそうとは思ったものの、3時間50分くらいで御の字かなと思ってました。 17年ぶりのフルマラソンですし、20年前のベスト記録なんて、居酒屋の与太話みたいなものです。   

 いよいよ当日、今までは1人で走っていたのでこんなに大勢の中で走るのは久しぶりでテンションが上がります。 ただ、スタートでガーッと行くとダメなのは大昔に経験済みです。 自制しながら「待てよ、待てよ」と自分をなだめます。 こんな自分とのやり取りがマラソンの醍醐味。 一人で競走馬と騎手の二役を務めているイメージです。
  
 3時間半の公式ペーサーに追いつき、33キロまで快調にいい気分で走れたのですが、その後ガクッと来てあとは苦しみながらのゴールです。 ただ、一度も歩かなかったのは実は初めてで個人的には快挙でした。 記録も予想外。

 24歳の時のベスト記録まであと10分ちょうど! 俄然やる気が出てきました。 24歳の自分に挑戦なんて、中々できることではありません。 記録の出やすい来年のしまだ大井川マラソンで昔の自分と対決です。 

 といいつつ、12/11の袋井クラウンメロンマラソンにもエントリーしてたりして。(起伏があるのでここでは、あまりいい記録でないだろうな)


大林勇設計事務所


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

また、走り始めました。 [趣味]

こんにちは、大林です。

 5月に佐鳴湖国際駅伝という、少々大げさな名前の割に1人3キロx14人というお気楽イベントに高校の同級、先輩方にお誘い頂いて参加しました。 浜松北高では、47歳になる年に全体の同窓会総会の幹事学年を務めるため、40歳になるとアチコチで高校時代のつながりが復活する不思議な傾向があります。

 高校では接点のなかった先輩方との交流は刺激的で、走力に関係なくワイワイ楽しむ雰囲気がいいなと思いました。 「また、マラソンやってみようかな、ハーフマラソンあたりから」と思い始めていた矢先、10/30のしまだ大井川マラソンのエントリーが始まったと連絡が回り、「人気の大会で数日で締め切られるので希望者は急げ」と聞いた途端、「ハイっ、参加します。」と手を挙げてしまったのです。

 そりゃ、走るのは面白そうだと思い始めましたが、フルマラソンなんて17年ぶり? 中3の長男が生まれてからまともに走ったこと無いですから、下手したら2000年になってから初マラソンかもしれません。 大丈夫か?

 健康診断の「もう少し運動するといいよね」的な所見が気になっていたこともあり、一念発起して走ることに。 この時、体重75キロ! その前の年の健康診断の記録によると77キロなんて年もあります。

 いきなり無理して走るのは、多分膝に悪そう。 最初は歩いても走ってもいいので3キロ継続するというのが目標。 次は3キロ継続して走るように、とステップアップ。 それで徐々に体重が落ちるといいかな、というのが大まかな狙い。

 17年前には存在していなかった、GPSウォッチにも大いに助けられています。 高校のつながりでランの記録をWEB上で閲覧できるようにし、励まし励まされサボれない環境が出来ました。

14589771_886076141529112_9007414887546361153_o.jpg

 先ほど、体重計に乗ったら67.9キロ!! 自分でも驚きます。 駅伝に誘ってもらわなかったら、しまだ大井川マラソンにエントリーすることもなく、多分体重75キロ付近をウロウロしていたと思います。

 駅伝の次の日から、今日までの走行距離を計算したら驚きました。
 896.6km!でした。 

17年ぶりのフルマラソン、嘘みたいに仕上がり順調。 坂道登っても体が軽い軽い。 目標は3時間台。こんなに楽しみなフルマラソン、若いころには無かった。 うまく行ってもうまく行かなくても終わったら報告します。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

廃棄しようかと思ったスピーカーを利用 [趣味]

こんにちは、大林です。

2現場とも上棟が近いというのに、台風16号!
ヒヤヒヤです。

さてさて、タイトルの話。

 結婚当初に購入したONKYOのミニミニコンポが壊れ、廃棄しようと思っていた矢先、ふと思い出してしまいました。  無事と思われるスピーカーだけ何かに使えないかな。

 デジタルオーディオの雑誌(デジファイ)の付録でUSB端子を使ってスピーカーを鳴らすアンプが大評判で売り切れ続出、という記事をどこかで見かけた記憶が脳裏にキラーンと閃きました。 あの時は特に興味も無く、安くも無かったのでスルーしたのですが、「USB アンプ」とアマゾンで検索したら、売ってました。  

それも付録だけ!

 アクリルのパネルは別売だった気もするのでそれも込みで3000円くらいなら、試しに買ってみるのも良さそう。 評価も良さそうですし、ウチのスピーカーが壊れていない限り無駄にはならないはず。


DigiFi Crafts USB DAC内蔵デジタルパワーアンプ アクリルカバー仕様  DF13A

DigiFi Crafts USB DAC内蔵デジタルパワーアンプ アクリルカバー仕様 DF13A

  • 出版社/メーカー: ステレオサウンド
  • メディア: エレクトロニクス



組み立ては、プラスネジを8本締めるだけなので朝飯前です。

早速つないでみましたよ・・・ウォッ!!、いいじゃん。

家であまり音楽を聴くことも無かったのですが、PC付属のスピーカーに比べると、お話にならないくらいイイ音! ガラにもなく「リスラジ」でジャズなぞ聴いてみる。

捨てる予定のスピーカーに約3000円の投資。 費用対効果は上々。 ええ、完全な自己満足です。  

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

たまには映画でも「すれ違いのダイアリーズ」 [趣味]

こんにちは、大林です。

もう、すっかり秋の風。 今年の夏は、短かった気がします。 

さてさて、話は変わって。

 浜松市にいわゆるミニシアターのシネマイーラという映画館があります。 年間8作見ることができて11000円の年間会員と言う制度があり、ここ2年ほど縁あって入会しています。 期限まで残り1か月、あと4本も見る権利が残っていることに気が付きました。 夏休みの宿題のように期限が近づくと
焦るタイプの私、何か4本見ないと悪いことをしているような気分になり、上映作品をチェック。

 中身も知らずに、上映時間のタイミングが良かったというだけで選んだ映画。 タイの映画らしい。 もったいないから、足を運んだだけなのに・・・

 これが、私の中の大ヒット。 心を奪われました。 タイ映画なので、出演陣も知らず純粋に鑑賞に没頭。 タイの僻地の水上の小学校を舞台にした話です。 私は設計を仕事にしているので、構想を練るとか見せ方を工夫するとか、考えることが好き。  そんな視点でこの映画を見るとシナリオの巧みさが心に染みます。 映画のタイトルのように、もうすれ違いまくりで、もどかしいったらこの上ないのですが、何ともさわやかで清々しい作品です。

  ハリウッド映画で有名俳優が出ると、「この人が犯人なんじゃないか」とか「この人がキーマンだろう」とか、余計なことを考えてしまう傾向があります。 きっと皆さんもそうでしょう。  タイ映画は俳優の先入観が無いのでシナリオにのめり込めます。

 ミニシアター系の作品が好きな私の好みは、メジャー映画志向のウチの家族には合わないようでなかなか共有できません。  「運動靴と赤い金魚」とか、子供が登場する映画に心を打たれる傾向あるかも。 
 
 映画を見た私の勝手なイメージでは、香取慎吾さんと竹内結子さんが日本人俳優だとしっくりくるかな。機会があれば皆さんもぜひご覧ください。



大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。