So-net無料ブログ作成

家を看取る。 [建築]

こんにちは、大林です。

GWも終わり、梅雨そして暑い夏がやって来そうです。
いかがお過ごしでしょうか?

今日は、家を看取る(みとる)という話。

 縁あって、お住まいの解体に立ち会うことになりました。
家の命が終わる瞬間です。 まさに、看取りです。

 グーグル検索しても「家で看取る」という在宅療養の話は出てきますが、「家を看取る」というワードにはなかなか行き当たらず。

 ただ、確かに私には「家を看取る」という感情がふっと湧いてきたのです。
そう、家イコール今までの家族の暮らし、と感じたから。

2019-05-13 08.37.33.jpg

 古い家を壊して同じ住人が建て替えることは良くある話。
もちろん仕事で何度も経験しています。
 
 今回はいわゆる解体後の更地渡しという不動産売買。
新しく住む人は、全くの他人。

 ただ、設計する私にとっては、この土地の良さを生かすことが私に与えられた役割というか、責務とでも言うのでしょうか、そんな気がしました。

この土地の暮らしをつなぐ仕事・・・責任重大ですが、この仕事の醍醐味でもあります。
土地に対して失礼の無いように真剣に取り組みたいと感じました。

大林勇設計事務所
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅