So-net無料ブログ作成

「木曽路はすべて山の中である。」は本当でした。 [趣味]

こんにちは、大林です。

みなさま、GWは楽しめましたか?
私は、この後お客さんのところで「泡盛を嗜む会」に参加予定です。

我が家のGWは、馬籠宿から妻籠宿までの8キロ山道ハイキングに出かけました。

というのも、この前海外旅行者向けの日本のガイドブックを購入してパラパラ眺めていると、「そうか、こういうものを見るために外国から来るのか。」と新鮮な発見をしてしまったから。

私も、バックパック背負って海外旅行していた経験があるので、そんな気持ちを思い出すのもいいかもなと思い、独断で行き先を決定。  


Lonely Planet Japan

Lonely Planet Japan

  • 作者: Chris Rowthorn
  • 出版社/メーカー: Lonely Planet
  • 発売日: 2013/09
  • メディア: ペーパーバック



実際に歩いてみると・・・

ホント、外国人旅行者が多くて驚きました。 ザクッとした記憶でなんとなく全部で30人位すれ違ったうちの25人くらい外国人!。

IMG_1717v1.jpg

馬籠宿を通りぬけ・・・

IMG_1728v1.jpg

のどかな山道に入り、話をしながらテクテクと。

IMG_1751v1.jpg

道は続く。

IMG_1750v1.jpg

雨も風情があっていい。 「ラッキーだな。」子供たちにそう言い聞かせる。

IMG_1766v1.jpg

「普通」が絵になる。

IMG_1792v1.jpg

小雨の中、妻籠宿まで辿り着き・・・

IMG_1781.jpg

旅人気分でそばをいただく。

タイムスリップもいいものです。 そんな思いを強くしました。
日本中の古い町並みが失われている現在、街並み維持に努力されている所有者の皆様に尊敬の念を感じずにはいられません。

大林勇設計事務所
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 1

コメント 2

てつや

妻籠馬籠いいよね~♪

男滝、女滝は行ったのかな?
by てつや (2015-05-06 13:07) 

136

てつやさん>

妻籠馬籠は写真撮るのも楽しいですね。
小雨だったので、カメラを出すのが少々億劫になってしまったのが残念。 男滝、女滝は回れませんでした。 いつか、妻籠か馬籠は車で単発なら行くことあるかも。 ハイキングは多分無い(笑)。

by 136 (2015-05-08 06:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。