So-net無料ブログ作成

「読書」アイデアの直前・岡康道 著 [読書]

こんにちは、大林です。



たまには、本の紹介。



アイデアの直前 ---タグボート岡康道の昨日・今日・明日

アイデアの直前 ---タグボート岡康道の昨日・今日・明日

岡 康道





 仕事終わってから寝る前に「泡」を飲みながら読書するのが最近のリラックス。 酒飲みの「泡」と言えば、「シャンパン」を指すのかもしれませんが、最近の私は「泡盛」。 よく眠れます(笑)。



 大学の後輩で電通にお勤めのKくん曰く「電通から独立した「TUGBOAT」というクリエーター集団がスゴいっす。」というのを10年ぶりにふと思い出し、図書館で借りた。 岡さんは電通で部長だった人。 



 CMは結構好きで、興味深く見ている。 ひねりやセンスがあると上手いなあと感心する。 逆に、商品連呼型のCMを見ると、売る側のセンスも疑うが、買う方のセンスも同様に疑う。



 箱根駅伝のときにサッポロビールの「大人エレベーター」のCMを見て、正月からほんのりといい気分になった。 この本を読んでTUGBOATの制作だったと知り、また驚き。



 さらにTUGBOATの中には、かつて歌手ケミストリーに詞を提供していた人もいると聞いてまた驚き。 才能ある人っているんだねえ、と驚きを超えて「へー。」と呆れる。



 読み進めていくと、創る喜びと苦しみも垣間見えたり、「体の老い」やスポーツのことなど、共感できる部分も非常に多く楽しめた。



 日記のようなスタイルでざっくばらんに書き記されているのだが、やはり才能ある人、あちこち面白く魅力を感じる。



もう一冊、借りた↓はまだ読んでいない。 これから読むことにする。



いつだって僕たちは途上にいる (人生2割がちょうどいい)

いつだって僕たちは途上にいる (人生2割がちょうどいい)

岡 康道,小田嶋 隆



大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0