So-net無料ブログ作成

市民よ、さあクワを持て。 [家庭菜園]

こんにちは、大林です。



太陽は出ていますが、風の強い日です。



記事のタイトルのように歴史上の偉人が言ったか言ってないか知りませんが、今日はそんな話。



昨日夕方、大根を使うということになりまして、生まれて初めて自分で作った大根が食卓に上りました。





庭の一角にある小さな小さな家庭菜園。



さて、どれにしようかな??







よし、これだ。スポッ・・・







タネから作った大根なので愛着もひとしお。子供達、絶対残さず食べろよ、なんて思ったり。



これ、ほんの数カ月のできごとですから、山を育てて木を売る林業家に置き換えてみると、



「オレの育てた木を大事に使えよ、粗末に使ったらぶっ飛ばすからな。」なんて思うんだろうきっと(笑)。



今まであまり考えたことなかったけど、生きているものと関わることで色んな気付きがあります。



私の大好きだった「北の国から」の最終回だったかな?確か主人公五郎が書いた生前の遺書の中で「自然から恵んでもらえ、自然は死なない程度に食わせてくれる。」(?)のようなセリフがあったことを何となく覚えているのだけど、まさにそんな感じ。



家を建てるだけで満足せず、同時に庭や家庭菜園に手を出してみるといろいろな「気付き」があり、オススメです。



妻曰く、「土いじりや庭に最も縁遠い人」と思われ続けていた私がこのハマり様。 まあ、騙されたと思ってやってみて。



大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0