So-net無料ブログ作成

欧州回想録20060707 [欧州回想録2006]

20060707

ヴァルス→チューリヒ(スイス)→ベルリン(ドイツ)行きの寝台特急







この旅の中で最高の目覚めです。

早速朝風呂へ。





洞窟にいるような感覚。最高。来て良かったと心から思える瞬間。





朝食を済ませ、後ろ髪引かれる思い出チェックアウト。

また来たい、Therme Vals・・・





山を下りるバスを待っていると、ログハウスよりもっと荒々しい木の使い方発見。ナタで叩き割ったような仕上げ。そして節が無い。

実に贅沢なバス停でした。



思い出したように携帯で国際電話を掛け、材木屋さんへ発注していた木材の確認。「あれっ、もう帰ってきたんだっけ??今どこよ、えっスイス!!」

材木屋さん驚いていました。スイスから発注確認の電話が来たことに!





この日はこれから山の教会に向かうのですが、あいにくの雨・雨・雨

20キロのザックを背負って私も泣きそうです。





ちなみにこんな感じでザックを梱包して山に向かいます。





登って登って、やっと辿り着きました。

世界で一番惹かれていた教会と対面です。





中はこんな感じ。

ほとんど何もありません。





最寄り駅の時刻表。電車がこれしか停車しません。





誰もいない駅でタイマー撮影でパチリ。

この後、日本人満載の氷河急行が通過しました。



目が合った乗客が驚いていたのが印象的でした。

まさか、普通スイスの山奥のこんな小さな駅で日本人が電車を待っているとは思わないでしょうね。





ベルリンに向かうため、大都市チューリヒ駅で電車を待つ。

待ち時間に絵葉書を数枚。

毎日、子供に絵葉書を書くという宿題を与えられたため、この日もひらがなで絵葉書を書きました。





駅構内をぶらぶらしていると、異様に物価が高いことに気がつきます。

マクドナルドのセットは、1000円を軽く超え、ちょっとしたサンドイッチが

800円以上しました。コンビニみたいな持ち帰りの店の金額ですよ。これには驚きました。さすがスイスです。





いよいよ最終目的地ベルリンへの列車が到着です。





一番安い寝台です。怖い女車掌にパスポートを預け・・・





ワインタイムです。希少なスイスワインを購入し、Mさんへのお土産にしようかと数秒考えましたが、なぜか手に持った瞬間に・・・ラッパで飲んでました(笑)。Mさんごめんなさい。



ベルリンにはあっという間に到着していたという不思議な出来事でした。



大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0