So-net無料ブログ作成

欧州回想録20060703 [欧州回想録2006]

20060703

デュッセルドルフ(ドイツ)→ルクセンブルク(ルクセンブルク)



この日も早起き&電車の都合により、7時頃にはすでに駅に到着。

行き先は、ドイツを抜け出し隣の小国ルクセンブルク。



何故こんなところに来たかと言うと、CASA BRUTUSで見たI.M.ペイの新作が丁度出来上がったことと、憧れのツールドフランスです。



ところで、ユーロになってから初めて国境を越えましたが、非常に便利だと感じました。今まではフランやマルクの小銭が貯まってしまいましたから。





まずはここ新美術館の玄関です。この日は招待日のようです。

当然それは下調べしてありましたが・・・





携帯電話を操作しながら忙しそうに、何食わぬ顔で通過してみました。

さすがに、ルーブル美術館の前にガラスのピラミッドを設計してしまった人です。ガラスの使い方が見事です。





この美術館の横にルクセンブルク交響楽団のホール。

こちらもかなり美しいです。





その後ツールドフランスゴール地点に移動し、場所取りです。

ただ、ゴール50m前地点は3時間前でも黒山の人だかりで、一人ではトイレも行く隙もありません。場所を変えて観戦です。ヨーロッパの太陽はきつく、体力を奪います。





ただしVIPの方々は冷房スペースが用意されているので、快適に選手の到着を待つことができます。羨ましい限りです。





しばらく待っているとチームバスが前もって到着。





そして選手も到着





スペアの自転車をを積んだサポートカーが走ってきます。





この日はルクセンブルクのユースホステルに泊まりました。

このホステルは、とても良く出来ていて好感が持てました。

廊下のロッカーの様子。

積層合板をラッカー塗装で上手に仕上げています。南京錠をつける部分も使い勝手良く出来ています。





丁度この日はツールドフランスのキャラバン隊(スポンサーのノベルティーを配る部隊)が宿泊していました。

ヨーロッパの人は、のんびり時間を使うのがとても上手に映ります。

国民性なのでしょうか。

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

moro

ルクセンブルク交響楽団のホールの設計者も調べたくなりました。<br />
ツールドフランスにもVIP席があるんですね。うーん格差社会!(笑)
by moro (2007-07-08 08:40) 

isamu

設計者は、<br />
<br />
クリスチャン・ド・ポルザンパルク<br />
<br />
■略歴<br />
クリスチャン・ド・ポルザンパルク Christian de Portzamparc<br />
1944年 モロッコ カサブランカ生まれ<br />
1969年 エコール・デ・ボザール卒業<br />
1970年 クリスチャン・ド・ポルザンパルク設計事務所設立 <br />
1994年 プリツカー賞受賞 <br />
<br />
1994年の経歴を見てひれ伏すしかありません。
by isamu (2007-07-09 08:28) 

moro

ポルザンパルクでしたか。ラ・ヴィレット公園の音楽都市もポルザンパルクでしたね。福岡ではレムコールハースや石山修武らと集合住宅の競作をされてましたっけ。見たいですね。
by moro (2007-07-09 08:36) 

isamu

そうですね。福岡に作品がある模様です。<br />
<br />
お恥ずかしながら、ポルザンパルクの名前は帰国して調べるまで知りませんでした。<br />
<br />
ウチの近くの公共プールが遠目に見る限り、このパ〇リだと思われます。今度写真撮ってきます。
by isamu (2007-07-10 00:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。