So-net無料ブログ作成

欧州回想録20060702 [欧州回想録2006]

20060702

デュイスブルグ→デュッセルドルフ近郊



この日はのんびりする筈も、時差ぼけで早起きしてしまい、朝7時には駅に向かって歩き始めていた。駅で朝食を済ませ、近くのデュッセルドルフのホステルに移動。



荷物を預け、建築見学に出かける。

旅行中最大の疲労に襲われるとは知らずに・・・



この日は、デュッセルドルフ郊外のノイスという街の外れの野外美術館へ。

日曜日はバスが休みという話は聞いていたが、30分も歩けば着くと思っていた。



街を抜け、次第に農地に囲まれる。



どこかで見た風景。そう北海道。こんなところ歩いている人いないよな、普通。



道行く人に尋ねても、「すぐそこだよ」というので中々あきらめきれずにズルズルと歩くはめに。1時間半歩いて、やっと到着。炎天下に晒されてさすがに心細くなりました。



何とか到着。



ここが屋外美術館ですが、感想は・・・。



この後、安藤忠雄氏設計の美術館へ



徐々にコンクリート打ち放しが見えてくる。





いかにも安藤建築。



デュッセルドルフまで、誰か車で乗せて行ってくれないかと、探すも誰もおらず。



ただ、最寄り駅を教えてくれたので30分くらい麦畑の農道を歩いて駅に到着。行きに比べればこれでもずいぶん楽だった。



この日は休息日のはずだったのに・・・

ああ、建築バックパッカーには安息の日々など無いのか。





街をぶらぶら歩いていると改装中のショーウィンドウ発見。

石膏ボードのコーナー部の処理、なぜかこんなものを見て心が安らいでしまった。





この街は日系商社の前線基地なので、デパートでも日本食材が平気で売られています。「ゆうげ」が、約750円です。



この日も電池切れでバタンキューでした。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

moro

このように、何も無い場所での建築探訪も“おつ”ですね。まさに「隣の家まで数百メートル」という北海道の田舎のようです。田舎の安藤建築は、ちょっと違和感ありますね。1時間半歩くということは、鈴鹿サーキットから白子駅よりも遠いのでは?
by moro (2007-07-08 08:17) 

isamu

まさに道東の一本道です。<br />
<br />
ヨーロッパの日差しはどういう訳か、強かったです。<br />
<br />
白子から歩いたこと無いので残念ながら分かりません。<br />
この前は、100円パーキング&ママチャリでした。<br />
自宅で夕飯を普通に食べていたので、かなり早く帰れた方だと思いますよ。
by isamu (2007-07-09 08:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0