So-net無料ブログ作成

欧州回想録20060630 [欧州回想録2006]

20060630

ベルリン→ハンブルグ→深夜の夜行でケルン



ベルリンのZOO駅前のホステルで

時差ボケのためよく寝られませんでした。

それもそのはず、約3000円の安宿。4人のドミトリー。

スペイン人が夜中に帰ってきて、物音がうるさい。

こちらは貴重品を寝袋に詰め込みつつ片足入れて盗難防止しているため、とにかく暑い。



朝6時には、宿を出て早速探検。



日本では考えられない、ガラスのカーテンウォール。

透明な瓦が極度の急勾配に取り付けられているようなイメージ





国立近代美術館

設計 ミース・ファン・デル・ローエ





偶然見つけたアパート

設計 マリオボッタ



ベルリン中心部はは適当に歩いているだけで、著名人の作品に出くわすほどです。





ソニーセンター

設計 ヘルムートヤーン

シカゴのオヘア空港の設計で有名。





さすがドイツ。ビンの収集箱もしっかりしています。





保存され現存するベルリンの壁

御土産用に剥ぎ取られてぼろぼろで、鉄筋が見えています。





ユダヤ人博物館

設計 ダニエルリベスキンド



ここで先輩K氏と別れる。ただ翌日ケルンで再び合流する予定。





できたばかりのベルリン中央駅から一路、北の港町ハンブルグへ





ハンブルグ駅。どうして、ヨーロッパの駅はこんなに優雅なのでしょう。





念願の一試合目。準々決勝 イタリア対ウクライナ

同日開催のドイツ対アルゼンチンに比べるとどうしても大味なカードといわざるを得ない。完全な裏カード。K氏の持つドイツ対アルゼンチン戦が羨ましい。ただ、十分に雰囲気は味わえた。



睡魔に襲われながら、ハンブルク駅→ケルン駅の寝台特急に乗車。

私にはのんびりハンブルグに宿泊する時間は無い。

大勢の乗客にもみくちゃにされながらなんとか予約していた席を死守。

この日も貴重品と片足を寝袋に詰め込み寝る。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

moro

忙殺されていてisamuさんのサイトからちょっと目をはなしていたら、凄まじい量の記事で愕然としています。うむむむむ〜。これは、易々とはコメント出来そうにないですね(笑)。今、住宅設計のお話を頂いているのですが、お施主様の注文が「バウハウスのような家」ということでドイツネタは大変嬉しいところです。
by moro (2007-07-07 21:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0