So-net無料ブログ作成

ワールドトレードセンターworld trade center(アメリカ・ニューヨーク) [有名建築への行き方]





現地到達難易度 不可能











 普段ほとんどテレビを見なくなった私でも、昨日のTBS系で放映された

「完全映像化独占放送筑紫哲也・安住紳一郎NYテロ5年目の真実」は、実に興味深く、気が付くと2時間に渡ってじっと見ていた。



上の写真は、学生の頃ワールドトレードセンター展望台から撮影した写真。セントラルパーク方面を撮った気がする。



下の写真は、マンハッタン島の左側の川岸に沿って撮影した写真。

共に今ではもう撮る事が出来ない写真だ。そこは空(そら)になってしまったのだから。



WTCの1階には、「TKTS」というブロードウェイミュージカルの半額当日券を売る販売所があった。私も確か「CATS」の券を買ったはず。



あの頃は、こんな日が来るなんて思いもしなかった。まさかあの建物が無くなってしまうなんて。





この光景も二度と見ることは無いだろう。



 当時、私が宿泊した安宿「BIG APPLE」には、何故かワールドトレードセンターの証券会社に勤めている割に、ここを定宿としていた者もいた。彼は、難を逃れたのだろうか?



 われわれ設計者は、大地という平面に高さを与え空間を作っている。3次元を生み出す仕事と自負している。

 その空間はいきなり空中に存在するのではなくて、下からの積み上げの上に成り立っている。それがすべて無くなってしまった時、また以前と同じ何も無い空に戻る。



 住宅の解体、新築というのはまさにそのサイクルなのであるが、WTCの場合は、それがあまりにも唐突で世界に恐怖を与えた。

天から借りていた空を返還する出来事にしては、あまりにも残酷だった。

 

 偶然にもこの夏訪れたベルリンの「ユダヤ人博物館」の設計者が、グラウンドゼロ跡地の設計コンペで選出されている。





 果たしてここに再度高層ビルが建つ事が有意義な事なのだろうか?

今更ながら疑問は尽きない。犠牲者の冥福を祈る。

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0