So-net無料ブログ作成

肯定する事は、否定する事より難しい。 [ためになった言葉]

 何か新しい事を何名かで考えている状況で、

ポッと出たアイデアに文句を言って否定する事は、実に簡単。

悪いところだけを見つけて指摘するだけなのだから。



 デキる相手は、問題があることを認めた上で、そのアイデアの長所を見つけ、欠点とのバランス関係、欠点改善の可能性を探りながら、トータルで考え肯定できる人だと思う。



 この考えは前々から自分の中にあったんだけど、つい先日まさにそれを体験するような出来事に遭遇した。



 設計打ち合わせの最中に模型を見せながら、

「ここに本当は、トップライト付けたいんだけどね。」と、私は反応を見ながらボソッと言ってみた。



 依頼者曰く

「いいじゃないですか、そうしてよ。」



驚きと同時に嬉しかった私。



トップライトと言うと、作り方を誤ると、「暑い、雨漏り、洗えない(今、思いついた3A)」のクレームの危険が伴う。

どんなに努力しても、やはり屋根に穴を空けるということは、空けないことよりはリスクが少なからず存在する。



その説明もしてみた。

でも依頼者曰く、

「折角だからやってみてよ。」



メンテナンスの事を考えて、トップライトを付けるか、付けないか2週間ほど悩んでいた。リスクを避ける事で、面白みは失われる。

そのリスクをそっちのけにして、この依頼者の住宅に作家性を求めて良いのか?実に悩んだ。



しかし、彼らは「肯定」してくれたのだ。

いろいろな安全策を施して、屋根にトップライトつけてみます。

思い切りやってみますよ。

乞うご期待。



大林勇設計事務所



年会費無料旅行保険付帯 シティカード
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0