So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

美しい建築見学「江之浦測候所」(神奈川県小田原市) [建築]

こんにちは、大林です。

最近はすっかり涼しくなり、寂しいくらい。

 以前住んでいた借家から引越する際に持ってきたエアコンが突如故障。
夏の間、夜寝る前にちょっと掛けるだけなので古くてもいいかと使い続けていたのですが、8月末にコンプレッサーがウンともスンとも言わないため、隠蔽配管を活かし新品に交換。 臨時出費が痛い大林です。

 さて、以前お話の続き。

熱海と小田原の間にある建物見学に、余っていた青春18切符で行ってきましたよ、というお話。

仕事柄、気になる建築は規模問わずWEB、雑誌問わずマークしているつもり。

勉強というか趣味ですね。 建物が好きな気持ちは、小学校の遠足で明治村がお気に入りだった時から変わってはいない。

 この1年くらいは「小田原文化財団・江之浦測候所」が上位マークスポットでした。
測候所とはいっても、ここに望遠鏡があるわけでも天文台があるわけでもなく、写真家・現在美術作家の杉本博司氏の収集した美術品が展示されている場所。

 中学生以下入場禁止ですし、入場料3240円(2018年10月以降、展示物も増えるが3780円にアップ)ですから、家族旅行とは無縁なスポットでしょうが、美術・建築好きなオトナの方にはお勧めしたいスポットです。

 予約制ですからね、くれぐれもふらっと行かないようにご注意ください。

IMG_3073.jpg

まず、最初に目にするのが「明月門」。 室町時代に建てられ、関東大震災の半壊を経て収集家に保存され、近年では根津美術館正門として使われていたものが、2006年根津美術館建替えの際に小田原文化財団に寄贈され、解体修理を経て再建されたというのですから、いきなり鮮烈なパンチを食らった気分にもなります。 出だしから室町時代ですから・・・。

IMG_3074.jpg

まずは、こちらへと案内されここでブックレットを受け取り、説明を受けます。

「展示物の隣に説明文は無いので、ブックレットを参照してください。」とか「止め石の先には行かないでください。」とかごく簡単な説明を受けます。 適度に放置されて見学に専念できます。

IMG_3155.jpg
説明を聞いていたこのテーブルが、樹齢1000年を超える屋久杉だったり、お寺の手水鉢だったり、本当に気が抜けません。

IMG_3092.jpg
ふと目をやると、室町時代の古信楽井戸枠がしれっと展示されている。 北大路魯山人が買い求め、その後小林秀雄が鎌倉の自宅で愛で親しんでいた・・・。 あちこちにとんでもないものが風景になじんで展示されているので気が抜けない。 確かに中学生以下お断りなのもよく分かる。

IMG_3076.jpg
夏至の日の出方向の海に伸びる100mのギャラリーに心奪われる。

IMG_3080.jpg
中には何点かの海の風景。 背面は古材の大谷石。

IMG_3081.jpg
時を経た圧倒的な深み。

IMG_3085.jpg
先端まで出ると美しい海岸線が見える。

IMG_3093.jpg
知らない人が見たら、ただの大きな石? 説明を読むと、京都五条大橋礎石(桃山時代)・・・恐れ入りました。

途中から、あちこちにゴロっと展示されている往年の「名選手」との対面が楽しくなるほどの美術品鑑賞。 幸せを感じる大満足の2時間でした。

熱海小田原方面に行かれる方は是非!

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

北海道胆振東部地震 [建築]

こんにちは、大林です。

タイトルの件、北海道胆振東部地震。

父の生まれは北海道、当然親戚もたくさんいる。  札幌で6年の学生生活、知人友人も道内で多く暮らしている。  私にとっては第二の故郷のようなもの。

報道されるのは知っている地名ばかり。 液状化の被害の多かった、清田区里塚のあの住宅地だって何かの時に通っていたかもしれない。 それだけに心の痛む出来事でした。

衝撃的だったのは、全道での停電で丸二日ほど復旧しなかった地域(都市部でも)があったこと。
冬だったら、生命の危険に直結します。

300キロ以上離れた、父の実家の北見市でも停電したことは如何に最近の暮らしが電気頼みになっているのかを思い知らされる出来事でした。

いままであまり考えたことありませんでしたが、北海道の右半分って発電所が無いのだな、と。
そして、我々中部地方が当たり前だと思っている、電気を融通してくれる「隣」は北海道の東側には無いのです。

各自で備蓄の用意することはもちろん、暖房・調理の熱源、もちろん家の性能など、暮らすことを入念に考えなくてはいけないと感じた地震でした。

犠牲になられた方のご冥福をお祈りいたします。

我が家も早速コストコでカセットボンベ12缶セットを購入しようと思ったのですが、売り切れだったようです。 一日も早い備えを。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

海の見える駅「根府川駅」(神奈川県小田原市) [趣味]

こんにちは、大林です。

 昨日、期限の迫った青春18きっぷ(青春とは名ばかりでオジサンも使えます。)が1日分残っていたので、小田原市にある、江之浦測候所というところに出かけました。

・・・ですが、その件は次回(笑)。

今日は、無料送迎バスの発着点であるこの根府川駅について。

「へえー、無人駅ね。」「今どき、東海道線で珍しい。」程度しか思っていませんでした。 コンビニもない小さな駅くらいの予備知識は聞いていましたが。

それがですね、下車してビックリ。 ロケーションが最高にいいのですよ。
駅を降りて、心がときめいたのは初めてです。 オーシャンビュー。

2018-09-06 09.08.47.jpg

駅なだけあって、架線が飛び交っていたのと安全対策の金網がちょっと邪魔だったり、さらには手持ちのレンズは省スペースのための24ミリ単焦点一眼レフ、それとスマホだったり、万全の準備でなかったのが悔やまれます。

IMG_3049v1.jpg

青春18きっぷの宣伝ポスターで、毎年心奪われるような風景に出会うのですが、まさか今日リアルに出会うとは! 

IMG_3042v1.jpg

帰宅して検索してみると、鉄道写真撮りには有名な駅みたい。

海の見える駅のサイト

興味のある方は是非。 便利な場所の無人駅です。

 江之浦測候所に行かれる方は、マイカーやタクシーではなく、敢えてこの無人駅から送迎バスに乗るべきだと声を大にして言いたいところです。

 やっぱり、海は良いな! 芸能人が海の見えるところに別荘を買うのが何だかわかるような気がした1日でした。

大林勇設計事務所
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

暮らしの個性が、その家らしさになる。 [建築]

こんにちは、大林です。

 午後から本格的な台風が東海地方にも影響を及ぼすとのこと。外に置いてある、飛びそうなものをもう一度確認しなくては。
 
 降水量も1時間当たり34ミリなんて予報も出ているので、高台といえども安心できません。

さてさて。

先日、引渡後約1年半の写真を撮らせていただきました。
引き渡し後はバタバタで、なかなか「写真撮らせてもらえます?」と言いにくいことが多く、チャンスを逃すことが多いのですが、ありがたいことにご協力いただけました。

IMG_3009.jpg

やはり、完成ホヤホヤの時よりは、家に生命が宿っているというか、「House」が「Home」に変わったというか、設計者としては嬉しい時間。

Kさん、ありがとうございました。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

この1週間の楽しみ [趣味]

こんにちは、大林です。

 最近、すっかり涼しくなりエアコンの出番も減りましたね。
今まで暑くて趣味のマラソン練習量を減らしていましたが、土曜の朝は21キロ走。
秋に向けて徐々に調子を上げております。

さて、今日は仕事の話ではありません(笑)。
8/12から8/19まで開催されていたTJAR(トランスジャパンアルプスレース)の話。

富山から静岡まで本州を横断するという、2年に一度の総距離415キロのとんでもないレース。
それも、ただ舗装路を走るわけではなく、山の素人の私でも知っているような山々をいくつも超えていくというのですから驚く限りです。

GPSで現在地が更新されていたので、毎日ちょいちょいチェックしていました。

去年の夏休みに家族で木曽駒ケ岳に行ったこともあり、ここを通るTJARには興味津々。
昨年も駒ヶ根の街中をリュックを背負って走り抜ける人がいたので、練習中だったのかな。

2017-08-13 09.55.45.jpg
写真は木曽駒ケ岳から中岳方面に下るところ。

日曜日の夜中12時が最終ゴールで、選ばれし精鋭30人中27人が完走したというから恐れ入ります。
4連覇中だった、静岡市の消防署員の望月将吾さんは、食料全部持参の無補給走破を敢行し無事上位完走。 今回で卒業とのこと。

 今朝知ったのですが、最後の走者なんて競技終了2分前のゴールだというのですから、ビックリです。最高齢は58歳の竹内さん。 タイムは7日と23時間17分ですって! 何ですかその時間。

 TJARの地図を見ながら、山に行きたいなあと思う大林でした。 まずは近場でハイキングからです。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

藤森照信展@秋野不矩美術館 [建築]

こんにちは、大林です。

 ここ数日、朝方に雨がザっと降る日が続きます。 秋が近づいているのですかね。
しばらく、地面がカサカサなほどに晴れていたのでちょうどいいのかな。

IMG_20180814_132828.jpg

 昨日は、秋野不矩美術館で開催中の藤森照信展を見てきました。
IMG_20180814_143442.jpg

 秋野不矩美術館も開館20年とのことで驚きを感じますが、私が千葉でサラリーマンをしていたころに父が「天竜に変わった美術館が建ったぞ。」とそういえば電話で言っていたので、20年の月日を懐かしく思い出します。

 藤森照信さんというのは、一般の人からみると「へんてこ建築」で有名な建築家ですが、東京大学の名誉教授で著名な建築史の研究者でもあります。

IMG_20180814_142752.jpg

内部の風合いはあまり変わっていませんが、外部はいい味が出てきました。

展示物の写真は撮影不可でしたが、大きな写真のほか草屋根のモックアップ、スケッチなど、建築の仕事をしている人間にとっては興味深い展示物が多く、じっくり眺めてきました。

展示されているスケッチブックもよく見ると面白く、「ツーバイフォー材を適当に注文しておいてください、長い材も。」とか「この前のホテルを予約しておいてください。何て名前でしたっけ?」とか走り書きが面白く、モノづくりのリアル感が伝わってきました。

学生時代の卒業設計も素晴らしく、描画力以外にも随所から自然と知性があふれ出てしまう、やはり東大の名誉教授になる人は違う!と唸ってしまう力作でした。

IMG_20180814_142927.jpg

外には、今回のために制作された新作茶室「望矩楼(ぼうくろう)」

丸でも四角でもない、思わず触れたくなるような愛らしい形と不思議な素材感が藤森建築の特徴だと個人的に感じています。

興味のある方は是非どうぞ。 9/17(月祝)までです。 8/25(土)には藤森照信さんの講演会もあるそうです。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

土地探しイロイロ [建築]

こんにちは、大林です。

関東地方に台風接近中とのこと。 関東、東北方面の方はご注意ください。

昨日は久しぶりに地面が濡れる程度の雨が降りました。 しばらく地面はカラカラでしたからね。 植物も喜んでいることでしょう。

さて、ちょうど土地探しの相談を受けていたので今日は土地探しの話を。

2017-08-01 15.14.11.jpg

まず、どこに住もうかな、どこで土地を取得しようかなと考えたときにいろいろな観点があると思います。

価格、交通の便、子供の学区、地盤の強さ、資産価値、地形・・・etc、ありますよね。


価格、交通の便、子供の学区は、購入者次第!

資金がいくらでもあるとか、車があれば却って静かな山の中がいいとか、お子さんはすでに巣立っていて学区は関係ないとか、立地の事情は人それぞれ。

そうなると、異常気象による災害、地震、津波による被害を極力回避できる土地選び、というのが私の注目点であります。

よって、私からできるアドバイスは他のところ。 ズバリ、地形&地盤。
不動産情報でも、そのあたりはほとんど語られることはない。 建売住宅では、「安心の地盤補強工事施工済」などと不思議なアピールも見かけます。

まずは、グーグルマップのストリートビューでもいいので、周辺を眺めてみる。 衛星画像も漠然と眺めてみることが大切。

あくまでも一般論ですよ。

川は近いか、田んぼはあるか?

田んぼは、基本的に「そこにあることが好都合」だから、そこにあるのであって、極論を言えば富士山山頂に田んぼは無い。

田んぼの立地の特徴である、水の利用が容易で土の粒子が細かく稲作に適していることが、家を建てるにはマイナスとなることも多い。 地耐力が低いことに加え、液状化のリスクもある。

感覚に頼らず,WEBで情報を掴みたい、という場合は、どこの自治体でも整備されていると思いますが、浜松市の場合は、

浜松市HPハザードマップを見ると良いでしょう。

・急傾斜地崩壊危険地域
・表層地盤
・震度分布
・津波浸水  

あたりが見どころです。

皆様がいい土地に出会えますように。

大林勇設計事務所


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

Thermpro 温湿度計が便利、環境を知ることも大切。 [建築]

こんにちは、大林です。

ロシアワールドカップも終わり、今回は何か一抹の寂しさを感じます。
次は、日本でのラグビーワールドカップを楽しみましょうか。

さてさて、暑いですね。
この前、購入して割と便利な温湿度計を紹介しておきます。

2018-07-17 17.54.28.jpg

今日はなかなかすごい数字が表示されておりますが・・・

上が湿度、下が温度計。 

ここまでは、よくある温湿度計なのですが、24時間の最高最低も記憶できるのが秀逸かと。

暗いところでは光らせることもできますし、裏にマグネットが付いているのでスチールのところにペタリ。 レンジフードに張り付けて、暑いキッチンの環境把握にもよいかもしれません。





大林勇設計事務所
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

今夜はロシアワールドカップの決勝! [建築]

お世話になります。

今日はホントに暑い! 現場で外構打ち合わせをしていると、暑くて溶けそうでした。

ただ、今夜はワールドカップの決勝があるのでこまごまとした雑務を済ませ仮眠をし、キックオフに向けて万全の準備をしなくてはなりません。

今でこそ、ほとんどサッカーを見ずにマラソンにいそしんでいる私ですが、1998年にワールドカップの「熱病」に感染し、2002年、2006年で通算10試合の生観戦をしました。 ジダンの最後の試合の退場も見ています、実は。

熱病に感染したのが、1998年のフランスワールドカップ準決勝フランス対クロアチアだったのです。
そう、本日行われる決勝と同一カード。

PICT0524.jpg

あれから20年の時を経て、決勝でこの二国が顔を合わせるのがちょっと嬉しくて。

PICT0511.jpg
初めて見た8万人クラスのパリのサンドニ競技場。

さらに20年に一度、初優勝国が生まれるなんて話(1998フランス初優勝)もあったり、1998のメンバーが現監督だったり、ワクワクが止まりません。 クロアチアが勝つのか?

 思い起こせば、ハウスメーカー時代の早めの夏休みを利用してフランス国鉄の乗り放題券を駆使し、建築を見て回ったついでに話のネタづくりでワールドカップのスタジアムの前まで行ったはずが、ダフ屋と交渉の末、チケットをゲットしスタジアムの中へ。

 一緒に行った生粋のサッカーファンの会社の先輩は「いくらでも出すのでチケット欲しい。」みたいな表情丸出しだったので、ダフ屋交渉が大変でした。 日韓ワールドカップ前ですから、サッカーファンにはテレビでしか見ることのない夢のような憧れの場所だったそう。

8万人の観衆の中、UFOのようなスタジアムで世界最高峰のサッカーを見る。 国と国の威信をかけた試合。 眩しかったなあ。 フランスが決勝進出決まった後のパリの街は、クラクションが鳴り響き大騒ぎでした。

今夜は気持ちは20年前にタイムスリップしながら、現代サッカー観戦に興じたいと思います。

大林勇設計事務所 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

間取りをもっと自由に。 [建築]

こんにちは、大林です。

8/5(日) お住まい完成見学会@浜松市浜北区、開催します。 詳しくはお問い合わせを。

昼過ぎに、「ジー」という抑揚のない単調な音がどこからか聞こえ、どこかの電子機器の警報か、子供たちが変な時間にセットしたアラームか? 何だろうと音の発生源を探すと、コイツでした。

IMG_2724.jpg

いや、これがクマゼミらしい鳴き声ではなく、何か変。 音痴なんだよな。
多分、セミ自身も「こんな感じで鳴けばいいんだっけ?」と確かめているような鳴き方でした(笑)。
上手に鳴けるようになるかな。

いよいよ、夏らしい夏が近づいてきました。
ただ、スポーツ観戦が大好きな私は、ワールドカップが終わり、ツールドフランスが終わると、もう夏が終わった気になりますが・・・。

 土曜日にマラソンの練習に行こうと思ったら37度予想と知って、気が引けました。体と相談します。

 さて、最近の大林の興味ですが・・・、
「70坪とか100坪の土地に甘えているのではないか?」問題。
書いてみると大げさですが(笑)。

 この前、東京の住宅地をフラフラ歩き、自分が設計するのだったらという目で妄想しました。
サラリーマン1年生の頃は漠然と街を眺めていたのですが、先月の上京ではなぜかリアリティを持って土地を眺めてみました。 

 土地1坪でそこそこの車が買えるような金額の土地が、20坪とか25坪の単位で不動産屋で販売されている。 高い、高過ぎる。 知人友人もそりゃマンション買うわな、と納得。 土地だけでも、地方なら土地+豪邸が手に入れられるような値段だもの。

土地利用だって5cm10cmが金額的にもスペース的にも大きな意味を持つ。

 やはり、地方で仕事をしていると、ここに車置いてー、「ん?」2台ですか?3台ですか?などと要望を聞きながら、必要諸室を繋いだりちりばめたりしながら全体を組み上げる癖が付いている気がする。 間仕切壁は増え、建具も増える。 もう少し、大味な家の作り方もあるのではないか。

もう少し自由に考えると、都内狭小地の住宅は、〇〇部屋という専用スペースよりも、イメージ的には〇〇コーナーで構成されていることに気づく。

 部屋数を確保することばかり考えると、コストもかさむのはもちろんの事、将来的な家族の増減を受け入れることができずに、結局物置になってしまう。 そういう家、たくさん見かけます。 お子さんが巣立って2階がすべて物置みたいな。 ウチの実家もそうだった、エラそうなこと言えないな(笑)。

 大きな骨組みとしてはワンルーム感覚で、最低限区切りたいところは区切る。
狭小地の住宅をイメージしていたら、地方の郊外型住宅でもコストコントロールにつながりそうなヒントが頭に浮かんでくる。

 一旦、自由な柔らかい発想を持つと、何か面白いことができそう。 量産メーカーにはできない発想で、住宅を面白く。

建築士の独り言でした。

大林勇設計事務所
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | -