So-net無料ブログ作成

ていねいに暮らす。 [建築]

こんにちは、大林です。
寒さがいくらか和らぎ、春の気配がしてきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?
 
長男次男二人とも、この三月で卒業式を迎え、次のステージに移ります。
子供の成長は本当に早いなと感じる今日この頃です。

さてさて・・・
最近、私が心掛けていること、それは「ていねいに暮らす。」ということ。

と言ってもそんなに難しいことをするわけでもなく、手間のかかることを愛情をもって楽しみながら取り組んでみる、というくらいでしょうか。

2017-03-07 11.38.59.jpg

素人菜園の無農薬無責任栽培でもキャベツってできるんだねという発見。

2017-02-25 13.18.05.jpg

下地のはずの現場の間柱が予想外にきれいな木肌だったので分けてもらって、ウッドデッキを一段増設してみたり。

IMG_20170311_080542.jpg

暖かくなる前に庭の配置換えをするために、2tの土と格闘。 ああでもないこうでもないと楽しみながら3時間で片づけました。

2017-02-28 19.54.56.jpg

1000円程度で試しに購入したハンモックも安全に取り付ける方法を発見し、読書も楽しい。

それほどお金を掛けているわけでもないのに、今までとは違う暮らしの楽しみ。
20年ぶりに近い趣味のマラソンが楽しくなってきたこともあり、栄養や食事・・・口に入るもののに気を使い始めると土いじりが楽しくなってきます。


建築知識ビルダーズNo.28 (エクスナレッジムック)

建築知識ビルダーズNo.28 (エクスナレッジムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: エクスナレッジ
  • 発売日: 2017/02/27
  • メディア: ムック


先日、雑誌の誌面で久しぶりに対面した恩師の言葉(1983年の講演録)。

・建物というのは成長していくものでなくてはならないと思う。
・自分が手を加えられる場所を残していく、少しずついいものにしていけるようにする。
・住居に対してどんな要求、価値判断を持つかということは建物の命であり、つくる人に任せることのできない居住者自身の問題。

まさに、恩師の言葉を実践している自分に気付きました。  そんな暮らしをリードして行ける設計者でありたいと最近は実践を心掛けているところ。


もう一つ、ちょうど最近読んだ本にも「ていねいに暮らす」ということでビビッと来るところ多数。
こちらもおすすめ↓。


ふたりからひとり ~ときをためる暮らし それから~

ふたりからひとり ~ときをためる暮らし それから~

  • 作者: つばた 英子
  • 出版社/メーカー: 自然食通信社
  • 発売日: 2016/11/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



この著者夫妻は、ミニシアター系で最近話題の人生フルーツという映画で取り上げられている模様。
もうじき浜松のシネマイーラでも上映されるようです。


大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

建築知識ビルダースNO28で恩師の特集記事 [建築]

こんにちは、大林です。

少し時間が空いてしまいました。

 今日は、私が北海道大学でお世話になった荒谷登北海道大学名誉教授が、建築知識ビルダーズという雑誌の最新号で取り上げられているとのことでその紹介です。

IMG_0999.jpg

きっと、一般の方があまり手に取ることのない雑誌かもしれません。 ただ、最近は画一的な家づくりを好まない一般層も多いため、インテリアなどの陳列ブースと建築ジャンルが一体化している書店も多いので見かけることもあるかも。

IMG_1003.jpg

 全ページを載せることはもちろんできませんが「日本の断熱・気密の原点へ」というタイトルで先生の御自宅が紹介されています。 学生時代にお邪魔したことがあるのですが、とても懐かしい外観です。 先生の穏やかな人柄と同じようにとても穏やかな空気感だったことが思い出されます。

  私が学生だった頃は、コンクリート打ち放しの建物やガラス張りの建物が一般的に人気があり、「暑い寒いは設備で解決してね。」という風潮があるように個人的には感じていました。 寒ければ空調設備の容量を大きくし、ガンガン空調を効かせましょうというという話です。 大型建築でなくても私がかつて勤務したような大手量産メーカーでも客出し価格を低く抑えるためにシングルガラスの窓の提案がごく普通に行われていました。 今思えば窓は熱の逃げ道ランキング第1位なのに。 

 ただ、先生の教えは違いました。 キッチリと断熱をして中外の区切りを明確にしていくことで氷点下にもなる外界の影響が減り、小さな空調機器でも内部を穏やかな温度に保つことができる→熱的なムラが減るということは家族の健康にもつながるという視点でした。

 寒い札幌でアパートで一人暮らしをして、断熱の重要性に気付いていたとは言え、家族も持ち家もない20歳やそこらの私にどこまで響いていたのかは謎ですが、私が今もこうして依頼主家族の事を思い浮かべながら建築の世界で設計を続けているのは、先生の教えが潜在的に大きかったのだろうと思います。

 特に建築工事の実務に関わっていると、数十年前に先生が北海道の住宅の結露、腐朽問題に取り組まれていた先駆者の苦労が想像できるようになりました。 私も学生時代に調査のお手伝いに行ったことがあるのですが、結露で柱の根元が腐っていたとか、壁の中にキノコが生えていたとか、劣悪な住環境を改善したいという研究者の苦労を今、想像すると恐ろしくすらなります。 

IMG_1005.jpg

 現在体調を崩されているという先生の写真と、現在の住人であるタギさん(同じ時期に研究室に所属)の写真を見ていたら、しばらく足が遠のいている札幌にたまらなく行きたくなりました。

大林勇設計事務所


建築知識ビルダーズNo.28 (エクスナレッジムック)

建築知識ビルダーズNo.28 (エクスナレッジムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: エクスナレッジ
  • 発売日: 2017/02/27
  • メディア: ムック



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

袋井市・月見の里学遊館ってご存知でした? [建築]

こんにちは、大林です。

12月・1月のお引渡しを終え、ホッとしながら溜まったネタを思い出しながらブログを書いています。

 引き渡し間際の忙しい中、地盤調査会社グラウンドワークスさんの勉強会が袋井であり、顔を出してきました。 会場は袋井市にある、月見の里学遊館。

帰りに思い出したように撮った1枚しか写真は無いですが(笑)。
2017-01-25 18.28.37.jpg

この建物というか使われ方がすごく良かったので紹介。

 私なりの公共建築の「いいね!」の判断ポイントは、使われ方。 どんなにデザインが優れた建物でも、そこが活用されていなければ残念だなと感じます。 その点では、昨年見た岐阜市の「みんなの森 ぎふメディアコスモス」なんて最高に良かった。 市民が自然に寄り集まる感じ。

 月見の里学遊館は規模こそ、メディアコスモスよりずっと小さいものの、我々の勉強会が終わって帰るころに、中高生が勉強をしていたり、図書館を利用する人がいたり、自然と賑わっている感じ。 すでに15年くらい経っているようなので、一過性の盛り上がりで無く時間をかけて根付いた存在なのだと思います。  じっくり見て回ったわけではないのですがプールやジムもあるそう、いいな。

 先程平面プランも見たのですが、公共建築にありがちな硬直感がなく、これも市民を受け入れやすいポイントなのかななんて気づきもありました。

 近くにお出かけの際は是非どうぞ。

大林勇設計事務所
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

あけましておめでとうございます。 [建築]

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

デザイン_2017010401.jpg

年賀状ソフトの裏面デザインをどうしたらJPEGファイルにできるのか、我流で30分ほど格闘していたところ、原点にもどってマニュアルを読んだら裏技も不要な標準機能でした。 30秒で終わりました(泣)。

2017年も徐々に設計・工事の枠が埋まってきております。
ご検討中の方は早めに連絡お願いしますね。


仕事以外の個人的目標は、昨日再開したマラソンをもう少し頑張ってみようかな、と。

フルマラソンは、3時間10分台。
ウルトラマラソン 100キロ完走。

以上、箱根駅伝をみて熱が冷めないうちに具体的な目標宣言。

今年もよろしくお願いします。

大林勇設計事務所
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

建具の引手にこだわる。 [建築]

こんにちは、大林です。

こちらのブログもご無沙汰だったので、溜まったネタをもう一つ投稿。

皆さん、引手と言って分かります?
引戸の手が掛かる部分のこと。 割と金属が多いのですが、見る人が見ると建物の「格」というか「こだわり」が見える部分。  

100円から10万円まで天と地ほどの差があります。 (さすがに10万円の物はお店で目にしただけで使ったことないですが)

100円くらいですとバシャーンと金属板をプレスして一丁上がり、ハイ出来上がり。 明らかに安い作りで体育器具庫の戸についていそうなペラペラなものです。 対して10万円クラスは名工が1個1個手作りで制作して、漆を塗ったり特殊なメッキを施したり、とにかく手が掛かっています。

ただ、そのような引手金物を製作する職人さんは圧倒的に高齢者が多く、衰退の一途をたどっています。 東京赤坂の建具金物の老舗「清水商店」というところにも昔連れて行ってもらったことがありますが、建築好きにはたまらないパラダイスでした。  ただ、これも過去形の話で、このお店も現在廃業され、良質な建具金物をどこで入手するかは、設計者にとっては悩ましい問題でした。

職人さんも高齢化で減っていますし、良質な建具金物絶滅は時間の問題かと思われます。 買う人も少ないでしょうから。

そんな折、意外な入手方法を思いつきました。

ヤフオクです。

ここでは、骨董的な引手や廃業した金物屋の在庫処分など、意外なお宝が眠っています。
先日もアレコレ探しまして、3種類購入してみました。 さすがにPCの画面を頼りに購入するので目利き力が必要ですが、分かる人にはいいものを発掘できると思います。

2016-12-10 16.54.16.jpg

あなたも、きっとお宝に巡り合えるかも。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

袋井クラウンメロンマラソンに参加してきました。 [趣味]

こんにちは、大林です。

 ハッ! マラソンブログの様になってしまった。仕事ブログですからこれはいけません。 
ただ、ダイエットを兼ねた健康維持ですから、大目に見てください。

2016-12-11 06.11.22.jpg

日曜朝に、日の出前に袋井市を目指して家を出ました。 目的地は・・・

参加したのは、第28回袋井クラウンメロンマラソンin エコパです。

S_5331409417040.jpg

国体もサッカーワールドカップも開催された立派なスタジアムがスタート・ゴールです。

10月に島田市で17年ぶりにフルマラソンを走ってから、もう一度フルマラソンを走ってきました。
申し込み済みのフルは今シーズンはこれで終わりです。

2016-12-10 14.09.51.jpg

よく誤解を受けるのですが、給水所でメロン食べ放題なのか? という疑問。
これは全力で否定させていただきます。  正解はゴール後に1人小さな2切れ程です。

ただ、イチゴやバナナ、とんがりコーン、塩飴など、オヤツはありました。 今回、ちょっと真面目に走ったので、必要なもの以外スルーでしたが。 ゴール後に「イチゴ食べておけばよかったな」とか思うわけですが(笑)。

事前情報では、起伏に富んでいるうえに風も強くてなかなか大変なコースという噂。

ほぼド平坦な島田大井川マラソンと比べたら、どうしたって記録は落ちるよね。
半年の練習で17年ぶりのフルマラソン、3時間30分に迫ったわけですから、まあ上出来でした。
44歳頑張ってるねと自分を励ましながら、タイムの皮算用。  

どうせなら4時間は切りたいなあ、今回のクラウンメロンマラソンの目標設定は3時間45分くらいかな、と。後半に向けて体力を温存しながら、8割運転くらいでのらりくらりと前半をしのぎます。

ハーフ通過が予想より早く、「あれっ?意外と楽。」。 ただ、30キロ過ぎで地獄を見るのはいつもの事なので、そのまま走ります。 今回は珍しいことに、一般ランナーもスペシャルドリンクを置けるということでしたので、ドリンクゼリーやアミノ酸ドリンクやブドウ糖タブレットなど、十分な補給をしたところ、自分でも信じられないほど崩れない。

 最後のエコパ敷地内の坂道では止まりそうでしたが、3時間30分を切れそうだったのでなんとか自分を励ましながら一歩も歩かずゴール。

S_5332418399320.jpg 

何と、出来過ぎのゴールタイム。 寒かったので汗が少なく1回トイレ行ったのに。

公式記録 3時間25分52秒 (スタート通過からのネットタイム 3時間25分38秒)

このコースで記録更新?と半信半疑でしたが、まさかのサブ3.5! (3時間30分を切ることを市民ランナーの間ではそう呼ばれます。) ちょっと胸を張れます、エヘン。

この前のマラソンでは、24歳の時のタイムにあと10分まで来ました。
今回、ビックリの8分短縮。 11月に250キロ走ったのが良かったかも。

24歳の時のタイムまであと2分! 44歳でも練習すればまだまだ伸びることが分かりました。

俄然、やる気マンマン。 20年前の自分の背中が手の届くとこまで近づいてきました。
ただ、ランニングブームの折、今シーズンの近場のフルマラソンはすべて申し込み終了。 「24歳の自分」を追い越すのは、来年11月のしまだ大井川マラソンまでお預けです。

「サクッと抜いてやるからな、24歳の自分!」 2017年の目標が決まりました。 

走るようになって変わったことは、食べ物を意識するようになったことですかね。

家族の出払った昼はほぼ自炊なので、冷蔵庫を覗いたり、小さな家庭菜園の野菜を収穫してきたりして自分で体に良さそうなものを食べています。  自然とお酒もそれほど飲まなくなり、特に我慢もせずに健康のスパイラル効果とでもいうのでしょうか。 

調子がよい→走る→体重が落ちる→調子が良い→走る→・・・という風に良い効果を生んでいます。 1年前より7キロくらい落ちましたので、体が軽ければラクな訳です。

やっぱり健康に暮らすことが大切ですからね。(と無理やり家づくりの設計事務所っぽくまとめる。)

体重と健康にお悩みの皆さん、運動してみませんか? 自分の経験から言うと、まずは30分ウォーキングがいいですよ。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

しまだ大井川マラソン結果報告 [趣味]

こんにちは、大林です。

 10/30日曜日に17年ぶりのフルマラソン大会「しまだ大井川マラソン」に参加してきました。

 自分でも17年ぶりとか書くと改めて、随分無茶するなあと思うわけですが、ウォーキングから始めて30キロ練習に至るまで一応段階を踏んで5か月で900キロほど走りましたので、一応準備はしたということで。

14881322_1177727892316913_2004124569_o.jpg

スタート前の一コマ。小雨と寒さ防止のためゴミ袋をかぶっています。

前日に、高校の先輩方と「雨マークは消えたし、大丈夫だね。」とやり取りをしたはずだったのですが、起きてビックリ!! 路面は濡れるわ、車のフロントガラスは濡れるわで、巷で噂の「大林雨男伝説」が現実のものになるところでした。  しかし、スタートが近づくとくもりで気温も低めでベストコンディションに好転。 ホント、天気には救われました。

そろそろ、結果書きましょうか。

まずは写真を。↓

2016-10-30 13.28.34.jpg

公式記録 3時間36分08秒  (スタートライン通過からのNETタイム 3時間33分58秒)
もう、出来過ぎです。 最後はタレてしまいましたが、マメや靴擦れなどノートラブルで無事完走。

 6月に練習を始めた当初は不安で不安でたまりませんでした。 ハーフを練習で走っても1時間55分とかかかり、このまま2倍+αしたらフルマラソン4時間切れないじゃん。 やっぱり昔の記録なんて再現できないよな、24歳の時の記録だもんな。 年齢を重ねれば体力は落ちるし、太ったし、言い訳はいくらでも湧いてきます。

 でも、GPSウォッチ(GARMIN)のデータを高校の先輩方と共有し、刺激を受け励まされ「二日続けて休まない」ことを目標にせっせと走ってきました。 三か月くらいすると体重がスルスルと落ちてきて75キロから60キロ台に突入。高校生以来に見た60キロ台の数字でした。 ちなみに大会当日は、ゴール後に2Lほど水分を取ったにも関わらず、帰宅して計測すると66.6キロでした。 体重が落ちるとスピードも上がり、本番前のハーフ練習では1時間40分ほどで走れるほどに。 これは期待が持てます。

 ただ、4時間は切れそうとは思ったものの、3時間50分くらいで御の字かなと思ってました。 17年ぶりのフルマラソンですし、20年前のベスト記録なんて、居酒屋の与太話みたいなものです。   

 いよいよ当日、今までは1人で走っていたのでこんなに大勢の中で走るのは久しぶりでテンションが上がります。 ただ、スタートでガーッと行くとダメなのは大昔に経験済みです。 自制しながら「待てよ、待てよ」と自分をなだめます。 こんな自分とのやり取りがマラソンの醍醐味。 一人で競走馬と騎手の二役を務めているイメージです。
  
 3時間半の公式ペーサーに追いつき、33キロまで快調にいい気分で走れたのですが、その後ガクッと来てあとは苦しみながらのゴールです。 ただ、一度も歩かなかったのは実は初めてで個人的には快挙でした。 記録も予想外。

 24歳の時のベスト記録まであと10分ちょうど! 俄然やる気が出てきました。 24歳の自分に挑戦なんて、中々できることではありません。 記録の出やすい来年のしまだ大井川マラソンで昔の自分と対決です。 

 といいつつ、12/11の袋井クラウンメロンマラソンにもエントリーしてたりして。(起伏があるのでここでは、あまりいい記録でないだろうな)


大林勇設計事務所


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

また、走り始めました。 [趣味]

こんにちは、大林です。

 5月に佐鳴湖国際駅伝という、少々大げさな名前の割に1人3キロx14人というお気楽イベントに高校の同級、先輩方にお誘い頂いて参加しました。 浜松北高では、47歳になる年に全体の同窓会総会の幹事学年を務めるため、40歳になるとアチコチで高校時代のつながりが復活する不思議な傾向があります。

 高校では接点のなかった先輩方との交流は刺激的で、走力に関係なくワイワイ楽しむ雰囲気がいいなと思いました。 「また、マラソンやってみようかな、ハーフマラソンあたりから」と思い始めていた矢先、10/30のしまだ大井川マラソンのエントリーが始まったと連絡が回り、「人気の大会で数日で締め切られるので希望者は急げ」と聞いた途端、「ハイっ、参加します。」と手を挙げてしまったのです。

 そりゃ、走るのは面白そうだと思い始めましたが、フルマラソンなんて17年ぶり? 中3の長男が生まれてからまともに走ったこと無いですから、下手したら2000年になってから初マラソンかもしれません。 大丈夫か?

 健康診断の「もう少し運動するといいよね」的な所見が気になっていたこともあり、一念発起して走ることに。 この時、体重75キロ! その前の年の健康診断の記録によると77キロなんて年もあります。

 いきなり無理して走るのは、多分膝に悪そう。 最初は歩いても走ってもいいので3キロ継続するというのが目標。 次は3キロ継続して走るように、とステップアップ。 それで徐々に体重が落ちるといいかな、というのが大まかな狙い。

 17年前には存在していなかった、GPSウォッチにも大いに助けられています。 高校のつながりでランの記録をWEB上で閲覧できるようにし、励まし励まされサボれない環境が出来ました。

14589771_886076141529112_9007414887546361153_o.jpg

 先ほど、体重計に乗ったら67.9キロ!! 自分でも驚きます。 駅伝に誘ってもらわなかったら、しまだ大井川マラソンにエントリーすることもなく、多分体重75キロ付近をウロウロしていたと思います。

 駅伝の次の日から、今日までの走行距離を計算したら驚きました。
 896.6km!でした。 

17年ぶりのフルマラソン、嘘みたいに仕上がり順調。 坂道登っても体が軽い軽い。 目標は3時間台。こんなに楽しみなフルマラソン、若いころには無かった。 うまく行ってもうまく行かなくても終わったら報告します。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

今更ですがスマホにしました。 [建築]

こんにちは、大林です。

 何をいまさらと言われるかもしれませんが、ついこの前までガラケーだったんです。
IMG_20161007_175451.jpg

ただ、それだけではやはり不十分だったのでNEXUS7というタブレットも持っていました。
 3ギガ通信出来て(使いきれなかったですが)980円で、出先でメールチェックできたり電子書籍も読めたので結構便利でした。

 ただ、ちょうどガラケーの更新時期が9月だったのでまたガラケーで2年過ごすのはさすがに不便と思い、スマホにすることにしました。 

でも・・・3ギガのデータ通信を980円で済ませていた私が、大手3社のスマホを見るとどうも割高に感じます。 キャリアメール使うのに324円って何よ!とか、車社会の浜松で小さなスマホで動画見る気も起きないだから高額なデータ通信費も要らない、とか、スマホに毎月1万円とかかけるのもどうも引っかかります。

 じゃ、まだガラケーにするか? イヤイヤ、それは止めましょう。

というわけで私が取った方法は・・・

 SIMフリー携帯にワイモバイルのSIMカードと挿すいう方法です。

こういう面倒くさいことが嫌いでないというか、逆にパソコンや電子製品の類はメッチャ好き。
10年前にドイツワールドカップを見に行ったときもSIMフリー携帯(当時はスマホではないけど)に現地SIMカードを挿し、利用したほど。

 SIMフリー携帯というのは、電話機の電波規格さえ合っていればどこの電話会社のSIMカードも使えるというシロモノ。 普通のスマホというのは、お世話になっている電話会社のSIMカードしか使えないようにロックされています。 これをSIMロックといいます。

 どこのメーカーのスマホにしようか・・・選び放題です。 もはやこうなると、パソコンや家電を選ぶ感覚に似ています。  電話会社のしがらみがないので、利用者のニーズに合わせて好きなものを選べばいいのです。  SIMフリーのiPhone7を選んでもいいのですが、高所にあがる私には、落下破損の危機が付きまといます。 8万もするスマホは、危なくて持ち歩けません。

 そんなわけで値段と性能のバランスを探っていると、スマホ単体で30000円くらいというのがちょうど良さそうかなと考えました。 仮に修理不能なほど壊れても、iPhone7よりは精神的ダメージが少ないかな、と。

 そこで購入したのがこれ!写真は箱だけですが、HUAWEI社のP9LITEというスマホ。 

IMG_20161007_175145.jpg

 単体で購入すると3万円くらいなのですが、コジマやビックカメラではauからのMNP乗り換えで割引があるらしくスマホ自体は一括購入で1万2千円ほどでした。 これに毎月2千円ほどで通信2ギガ+10分以内の通話が月に300回まで無料ですから、自分で選んだスマホで自分のスタイルに合った通信方法を選ぶことができて今のところ大満足です。  当事務所の家づくりに似ている気も・・・。 現場の写真も綺麗に撮れ、PCへの転送も具合よく本当に便利です。

ただ、長文を打つのは大変なので本格的なメール返信は仕事場に戻ってからになります。(笑) ご了承ください。





大林勇設計事務所


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

廃棄しようかと思ったスピーカーを利用 [趣味]

こんにちは、大林です。

2現場とも上棟が近いというのに、台風16号!
ヒヤヒヤです。

さてさて、タイトルの話。

 結婚当初に購入したONKYOのミニミニコンポが壊れ、廃棄しようと思っていた矢先、ふと思い出してしまいました。  無事と思われるスピーカーだけ何かに使えないかな。

 デジタルオーディオの雑誌(デジファイ)の付録でUSB端子を使ってスピーカーを鳴らすアンプが大評判で売り切れ続出、という記事をどこかで見かけた記憶が脳裏にキラーンと閃きました。 あの時は特に興味も無く、安くも無かったのでスルーしたのですが、「USB アンプ」とアマゾンで検索したら、売ってました。  

それも付録だけ!

 アクリルのパネルは別売だった気もするのでそれも込みで3000円くらいなら、試しに買ってみるのも良さそう。 評価も良さそうですし、ウチのスピーカーが壊れていない限り無駄にはならないはず。


DigiFi Crafts USB DAC内蔵デジタルパワーアンプ アクリルカバー仕様  DF13A

DigiFi Crafts USB DAC内蔵デジタルパワーアンプ アクリルカバー仕様 DF13A

  • 出版社/メーカー: ステレオサウンド
  • メディア: エレクトロニクス



組み立ては、プラスネジを8本締めるだけなので朝飯前です。

早速つないでみましたよ・・・ウォッ!!、いいじゃん。

家であまり音楽を聴くことも無かったのですが、PC付属のスピーカーに比べると、お話にならないくらいイイ音! ガラにもなく「リスラジ」でジャズなぞ聴いてみる。

捨てる予定のスピーカーに約3000円の投資。 費用対効果は上々。 ええ、完全な自己満足です。  

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅