So-net無料ブログ作成
検索選択
見たい建築欧州編 ブログトップ

ルクセンブルク近代美術館 [見たい建築欧州編]

ルクセンブルグ近代美術館

7/2オープン



設計:I.M.ペイ(ルーブル美術館のガラスのピラミッドが有名といえば分かりやすいか?)



7/3は一般開放が14時から16時らしい。注意せねば。



Musée d’Art Moderne Grand-Duc Jean

Mudam Luxembourg

3, Park Dräi Eechelen

L-1499 Luxembourg-Kirchberg



D - Autobahn A1 Richtung Trier. An der Ausfahrt 8 (Kirchberg) der Bundesstrasse N51 (av. J.F. Kennedy) Richtung Quartier Européen Sud folgen (ca 3,5 km). Parking Trois Glands.

Buslinien: 16, 125, 192, 194, 222. Haltestelle: Philharmonie-Mudam



F - Autoroute A1 direction Trèves. Après la sortie 8 (Kirchberg) prendre la nationale N51 (av. J.F. Kennedy) direction Quartier Européen Sud (environ 3,5 km). Parking Trois Glands.

Lignes de bus 16, 125, 192, 194, 222. Arrêt: Philharmonie-Mudam



GB - Highway A1 to Trier. Exit at junction 8 (Kirchberg) and follow the N51 (av.J.F. Kennedy) to Quartier Européen Sud (approx. 3,5 km). Parking Trois Glands. Bus: 16, 125, 192, 194, 222. Bus stop: Philharmonie-Mudam









聖コロンバ教会博物館計画@ケルン [見たい建築欧州編]

好きな海外建築家ピーターズントー氏の作品?



ケルン大聖堂の近くにある美術館

現在工事中



Roncalliplatz 2 – D-50667 Cologne

Open daily (except on Thursdays) 11 a.m. to 6 p.m.

Admission is free



tel +49 (0)221 2577672

fax +49 (0)221 254828

mail@kolumba.de







以下、個人的メモのためズントー氏のコメント転載



■ケルンの聖コロンバ教会博物館計画ケルンの街は第2次世界大戦で徹底的に破壊されました。ゴシック様式のこの教会も破壊され、その後の発掘で起源は紀元前のローマ時代からあったことが分かりました。戦後、古い聖母マリア像を祀る小さなチャペルが建てられ、多くの人々が立ち寄る場所になっていました。そこでケルンの枢機卿が、ここに中世、現代にいたるまでのコレクションを、現代美術まで含めて展示する博物館・美術館を建てようと提案しました。戦後、発掘現場はそのままにし、レンガで一部修復されましたが、それが私のデザインのテーマとなりました。つまり修復しかけの部分に継ぎ足していく、古いものから新しいものが融合するように、そこには小さな穴をたくさん開け、セーターを引っ張って網目が開いて光が差し込むようにつくろうと考えました。この土地特有のレンガを使います。デンマークに職人がいるのです。ここはすべてローマ時代の寸法で建てられているため、私たちもそれに則って、れんがの積層構造で建てることにしました。1/10の模型をいろいろアトリエの庭や地下室につくり、光やさまざまな実験・確認をします。元の寺院、チャペル、それらをなぞるように博物館を配置し、全体を自由に歩ける動線としています。古い形から新しいものを生み出す手法としてボイドスペースを足していき、迂回路もあります。そのシークエンスの終わりの開口部からケルンのカテドラルが見えます。主張しすぎない、上品でソフトで親密な空間を目指しています。ちょうど住宅のような身近な空間にしたいと思います。この作品はコンテクストが明確にあり、たいへん気に入っているので、何時間でもしゃべり続けていられます。





ユニテダビタシオン@ベルリン [見たい建築欧州編]



まともな写真が無かったのですが↑これはマルセイユのユニテダビタシオンの写真です。



同じコンセプトの建物がベルリンにも存在している。

これは建築巡礼者としては、訪問しなくては・・・



ベルリンのユニテ

Germany Berlin/Charlottenburg Heilsberger Dreieck

U-Barn/Olympia-Stadion(U1線の終点)20分真っ直ぐ行って右側

バウムシューレンヴェク・クレマトリウム@ベルリン [見たい建築欧州編]

設計 アクセルシュルテス+シャルロットフランク 1998年 ベルリン



ベルリン郊外の火葬場。



興味深いデザインです。

場所が場所なので、あまり写真を撮りたくないのですが、これも勉強のためと割り切ります。



最寄り駅



Baumschulenweg駅 S45、S46、S47線のどれか

チェックポイントチャーリー@ベルリン [見たい建築欧州編]

チェックポイントチャーリー集合住宅

設計:OMA 1989年ベルリン



おそらく同じ場所にある博物館についてのメモ



Address:

Friedrichstraße 43-45

D-10969 Berlin-Kreuzberg



Open every day of the year from 9:00 until 22:00 h



Postal address:

Postfach 61 02 26

D-10923 Berlin



Phone: +49 (0) 30 25 37 25-0

Fax: +49 (0) 30 251 20 75



E-Mail: info@mauermuseum.de

Internet: www.mauermuseum.de

ゲーツギャラリー@ミュンヘン [見たい建築欧州編]

忘れない内にメモしておきます。



ミュンヘンの個人ギャラリー「ゲーツギャラリー

プラダ青山店の設計で有名なヘルツォーク&ド・ムーロンの作品。



資料本で見る限り、特有の派手さがあまり感じられない雰囲気。

多分、私の好きな建築に違いない。



Goetz Collection

Oberföhringer Straße 103

D - 81925 Munich

Tel. +49 - 89 - 95 93 96 9 - 0

Fax +49 - 89 - 95 93 96 9 - 69

info@sammlung-goetz.de



Visitation is possible during opening hours. Please ask for an appointment:

Monday to Friday 2 - 6 p.m.

Saturday 11 a.m. - 4 p.m.

Closed on sundays and bank holidays.



--------------------------------------------------------------------------------



How to find us:



Take the Subway U4 to "Richard-Strauss-Straße". Change here for bus # 188 (direction Unterföhring, Fichtenstraße) to bus stop "Bürgerpark Oberföhring".



Take the streetcar # 17 or #18, or bus #. 54 to "Herkomerplatz". Change here for bus # 188 (direction Unterföhring, Fichtenstraße) to bus stop "Bürgerpark Oberföhring".



Individual timetable information:

http://www.mvv-muenchen.de/de/home/index.html



大林勇設計事務所

見たい建築欧州編 ブログトップ