So-net無料ブログ作成

しまだ大井川マラソン結果報告 [趣味]

こんにちは、大林です。

 10/30日曜日に17年ぶりのフルマラソン大会「しまだ大井川マラソン」に参加してきました。

 自分でも17年ぶりとか書くと改めて、随分無茶するなあと思うわけですが、ウォーキングから始めて30キロ練習に至るまで一応段階を踏んで5か月で900キロほど走りましたので、一応準備はしたということで。

14881322_1177727892316913_2004124569_o.jpg

スタート前の一コマ。小雨と寒さ防止のためゴミ袋をかぶっています。

前日に、高校の先輩方と「雨マークは消えたし、大丈夫だね。」とやり取りをしたはずだったのですが、起きてビックリ!! 路面は濡れるわ、車のフロントガラスは濡れるわで、巷で噂の「大林雨男伝説」が現実のものになるところでした。  しかし、スタートが近づくとくもりで気温も低めでベストコンディションに好転。 ホント、天気には救われました。

そろそろ、結果書きましょうか。

まずは写真を。↓

2016-10-30 13.28.34.jpg

公式記録 3時間36分08秒  (スタートライン通過からのNETタイム 3時間33分58秒)
もう、出来過ぎです。 最後はタレてしまいましたが、マメや靴擦れなどノートラブルで無事完走。

 6月に練習を始めた当初は不安で不安でたまりませんでした。 ハーフを練習で走っても1時間55分とかかかり、このまま2倍+αしたらフルマラソン4時間切れないじゃん。 やっぱり昔の記録なんて再現できないよな、24歳の時の記録だもんな。 年齢を重ねれば体力は落ちるし、太ったし、言い訳はいくらでも湧いてきます。

 でも、GPSウォッチ(GARMIN)のデータを高校の先輩方と共有し、刺激を受け励まされ「二日続けて休まない」ことを目標にせっせと走ってきました。 三か月くらいすると体重がスルスルと落ちてきて75キロから60キロ台に突入。高校生以来に見た60キロ台の数字でした。 ちなみに大会当日は、ゴール後に2Lほど水分を取ったにも関わらず、帰宅して計測すると66.6キロでした。 体重が落ちるとスピードも上がり、本番前のハーフ練習では1時間40分ほどで走れるほどに。 これは期待が持てます。

 ただ、4時間は切れそうとは思ったものの、3時間50分くらいで御の字かなと思ってました。 17年ぶりのフルマラソンですし、20年前のベスト記録なんて、居酒屋の与太話みたいなものです。   

 いよいよ当日、今までは1人で走っていたのでこんなに大勢の中で走るのは久しぶりでテンションが上がります。 ただ、スタートでガーッと行くとダメなのは大昔に経験済みです。 自制しながら「待てよ、待てよ」と自分をなだめます。 こんな自分とのやり取りがマラソンの醍醐味。 一人で競走馬と騎手の二役を務めているイメージです。
  
 3時間半の公式ペーサーに追いつき、33キロまで快調にいい気分で走れたのですが、その後ガクッと来てあとは苦しみながらのゴールです。 ただ、一度も歩かなかったのは実は初めてで個人的には快挙でした。 記録も予想外。

 24歳の時のベスト記録まであと10分ちょうど! 俄然やる気が出てきました。 24歳の自分に挑戦なんて、中々できることではありません。 記録の出やすい来年のしまだ大井川マラソンで昔の自分と対決です。 

 といいつつ、12/11の袋井クラウンメロンマラソンにもエントリーしてたりして。(起伏があるのでここでは、あまりいい記録でないだろうな)


大林勇設計事務所


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅