So-net無料ブログ作成
検索選択

また、走り始めました。 [趣味]

こんにちは、大林です。

 5月に佐鳴湖国際駅伝という、少々大げさな名前の割に1人3キロx14人というお気楽イベントに高校の同級、先輩方にお誘い頂いて参加しました。 浜松北高では、47歳になる年に全体の同窓会総会の幹事学年を務めるため、40歳になるとアチコチで高校時代のつながりが復活する不思議な傾向があります。

 高校では接点のなかった先輩方との交流は刺激的で、走力に関係なくワイワイ楽しむ雰囲気がいいなと思いました。 「また、マラソンやってみようかな、ハーフマラソンあたりから」と思い始めていた矢先、10/30のしまだ大井川マラソンのエントリーが始まったと連絡が回り、「人気の大会で数日で締め切られるので希望者は急げ」と聞いた途端、「ハイっ、参加します。」と手を挙げてしまったのです。

 そりゃ、走るのは面白そうだと思い始めましたが、フルマラソンなんて17年ぶり? 中3の長男が生まれてからまともに走ったこと無いですから、下手したら2000年になってから初マラソンかもしれません。 大丈夫か?

 健康診断の「もう少し運動するといいよね」的な所見が気になっていたこともあり、一念発起して走ることに。 この時、体重75キロ! その前の年の健康診断の記録によると77キロなんて年もあります。

 いきなり無理して走るのは、多分膝に悪そう。 最初は歩いても走ってもいいので3キロ継続するというのが目標。 次は3キロ継続して走るように、とステップアップ。 それで徐々に体重が落ちるといいかな、というのが大まかな狙い。

 17年前には存在していなかった、GPSウォッチにも大いに助けられています。 高校のつながりでランの記録をWEB上で閲覧できるようにし、励まし励まされサボれない環境が出来ました。

14589771_886076141529112_9007414887546361153_o.jpg

 先ほど、体重計に乗ったら67.9キロ!! 自分でも驚きます。 駅伝に誘ってもらわなかったら、しまだ大井川マラソンにエントリーすることもなく、多分体重75キロ付近をウロウロしていたと思います。

 駅伝の次の日から、今日までの走行距離を計算したら驚きました。
 896.6km!でした。 

17年ぶりのフルマラソン、嘘みたいに仕上がり順調。 坂道登っても体が軽い軽い。 目標は3時間台。こんなに楽しみなフルマラソン、若いころには無かった。 うまく行ってもうまく行かなくても終わったら報告します。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

今更ですがスマホにしました。 [建築]

こんにちは、大林です。

 何をいまさらと言われるかもしれませんが、ついこの前までガラケーだったんです。
IMG_20161007_175451.jpg

ただ、それだけではやはり不十分だったのでNEXUS7というタブレットも持っていました。
 3ギガ通信出来て(使いきれなかったですが)980円で、出先でメールチェックできたり電子書籍も読めたので結構便利でした。

 ただ、ちょうどガラケーの更新時期が9月だったのでまたガラケーで2年過ごすのはさすがに不便と思い、スマホにすることにしました。 

でも・・・3ギガのデータ通信を980円で済ませていた私が、大手3社のスマホを見るとどうも割高に感じます。 キャリアメール使うのに324円って何よ!とか、車社会の浜松で小さなスマホで動画見る気も起きないだから高額なデータ通信費も要らない、とか、スマホに毎月1万円とかかけるのもどうも引っかかります。

 じゃ、まだガラケーにするか? イヤイヤ、それは止めましょう。

というわけで私が取った方法は・・・

 SIMフリー携帯にワイモバイルのSIMカードと挿すいう方法です。

こういう面倒くさいことが嫌いでないというか、逆にパソコンや電子製品の類はメッチャ好き。
10年前にドイツワールドカップを見に行ったときもSIMフリー携帯(当時はスマホではないけど)に現地SIMカードを挿し、利用したほど。

 SIMフリー携帯というのは、電話機の電波規格さえ合っていればどこの電話会社のSIMカードも使えるというシロモノ。 普通のスマホというのは、お世話になっている電話会社のSIMカードしか使えないようにロックされています。 これをSIMロックといいます。

 どこのメーカーのスマホにしようか・・・選び放題です。 もはやこうなると、パソコンや家電を選ぶ感覚に似ています。  電話会社のしがらみがないので、利用者のニーズに合わせて好きなものを選べばいいのです。  SIMフリーのiPhone7を選んでもいいのですが、高所にあがる私には、落下破損の危機が付きまといます。 8万もするスマホは、危なくて持ち歩けません。

 そんなわけで値段と性能のバランスを探っていると、スマホ単体で30000円くらいというのがちょうど良さそうかなと考えました。 仮に修理不能なほど壊れても、iPhone7よりは精神的ダメージが少ないかな、と。

 そこで購入したのがこれ!写真は箱だけですが、HUAWEI社のP9LITEというスマホ。 

IMG_20161007_175145.jpg

 単体で購入すると3万円くらいなのですが、コジマやビックカメラではauからのMNP乗り換えで割引があるらしくスマホ自体は一括購入で1万2千円ほどでした。 これに毎月2千円ほどで通信2ギガ+10分以内の通話が月に300回まで無料ですから、自分で選んだスマホで自分のスタイルに合った通信方法を選ぶことができて今のところ大満足です。  当事務所の家づくりに似ている気も・・・。 現場の写真も綺麗に撮れ、PCへの転送も具合よく本当に便利です。

ただ、長文を打つのは大変なので本格的なメール返信は仕事場に戻ってからになります。(笑) ご了承ください。





大林勇設計事務所


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅