So-net無料ブログ作成

一級建築士の試験 [建築]

こんにちは、大林です。

次の住宅の用意をしながら、ふと思い出しました。

 あれっ、そろそろ一級建築士の試験じゃない? と言うことは二次試験の製図の課題も発表だな。
課題は・・・「子供・子育て支援センター」とのこと。 ムムムッ、時代を反映しているなと感慨深い。 それにしても興味深い課題を設定する点は見事。

私の場合は、
平成9年「緑豊かな吹抜け空間のある地域図書館」で落ちて
平成10年「多目的ホールのある事務所ビル」で受かりました。

課題を見ただけでも15年以上たった今、難化しているのは予想できます。

 一級建築士の試験には学科(1次)と製図(2次)があります。 順調に行けば1年で取れるのですが、そうは問屋が卸さない! 私の場合は、学科に一発合格したものの、製図でヘマをやらかし、製図だけ2度チャレンジ。 これで受かったから良いものの、落ちたら振出しに戻って学科からやり直し。 とてもとてもツラい試験でした。 今思い出しても胃が痛くなります。

 今も忘れない、船橋市の日大生産工学部実籾校舎!

最近はもう一回製図のチャレンジ持ち越しが可能らしいですが、次の年は振出しに戻る制度は変わらないようです。

 新入社員の時は研修中で暇で定時退社で平日でも5時間くらい勉強して、学科は奇跡的にほぼ独学3か月でクリアできたのですが、製図は「サクッと受かっちゃいそうじゃね。」と調子に乗ったのが失敗のもと。 1年間の「製図浪人」でした。 三井ホーム時代の社外講師の先生元気かな、懐かしいな。

 資格試験は合格すれば終わりではなく、国家試験合格者としての責任を持ち続け、研鑽を続けねばなりません。 法律も変わりますし、新しい技術も生まれます。 いつまでもゴールはないのです。 毎年7月になるとそんなことを思い出します。

大林勇設計事務所
タグ:浜松市
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

黄麻の暖簾を染めてみる。 [建築]

こんにちは、大林です。

 引き渡しが近づき、淋しい思いになりつつも、新たに2軒の着工が近づき、ワクワクドキドキ。
皆様ありがとうございます。  好きな仕事をできることに感謝しております。

さて、家を建てたら終わりではなく、そこからが「暮らし」のスタート。
自宅を建ててからそんな思いを強く感じます。

玄関収納の目隠しとして、先日奈良の街を歩いていた時に、黄麻の暖簾を購入。
1000円だし、質感が好みだったので遊び半分で。

 ただ、木の家に組み合わせると、色合いが近すぎてとても地味。 もともと安い暖簾だったので遊び半分で染めてみることにしました。

 頭の中の遠い記憶から「ダイロン」という言葉が浮かびました。 外国製の染料の商品名です。 ホームセンターにあるかと思い、探すも扱いは無さそう。

「浜松市 ダイロン」で検索すると、「ハンドワークとりい」さんを発見。 手芸屋さんにあるんだ、へぇっー。  あれっ?この方は、浜松北高OBの駅伝同好チームの方では?と思い、連絡を取ると、見事当たり。

そんなわけでお店に寄らせていただき、「ダイロンプレミアムダイ ダークグリーン色」を購入してきました。 「塩を250g入れる」と書いてあったので、間違いかと思ったら本当に250gとのこと。 結構な量ですよ、これは。
作業自体は説明書を読めば、さほど難しくない。 40度のお湯でつくるので気楽。

風呂や洗面所を深緑で染めてしまうわけにはいかないので外で作業。
規定時間染めて、余計な染料を流して水気を切る。 ゴーヤの網に引掛けて陰干し

2016-07-09 17.28.31.jpg

簡単染物作業の割に、ちゃんと染まったことに大喜び。 黄麻そのままより随分見栄えが良くなったようです。

IMG_0172.jpg

ダイロンで染物。 これはハマりそうです。 今度は麻の生地を探してみようかな。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

自分でやってみることの大切さ [趣味]

こんにちは、大林です。

 外に出るとクラっとするような暑さ。 仕事場は風も通り、快適です。
エアコンのコンセントを用意してはあるものの、エアコンなしで4回目の夏、このまま無しで行けるのでは。

 IMG_0152.jpg
 先ほど、小腹が減ったので冷蔵庫をガサゴソ、おやつ探し。 最近好きなのは、これ。 スモモのジャムと言うかフルーツソースと言うか、まあそんなもの。  これをスーパーで買ってきた安いプレーンヨーグルトに垂らすのが好き。 何と、自分で作ってみた。

 友達から、スモモあげるよ、とウチに届いたのは小さな段ボールいっぱいのスモモ。 熟したら食べなと言われたものの、熟すのと消費のスピードの均衡が取れず、傷んでしまいそう。 家族を動員しても、期待するほどムシャムシャ食べない。

 これは、ジャムに初挑戦かと思い、パソコンで検索。 そんなに難しそうな感じはしない。  面倒なことは、とりあえずやってみたい。 失敗すると嫌なので、妻の留守中に制作。 失敗したら知らん顔しようかと。 皮も種もあとで取り除けば良いと簡単レシピには書いてある。 やってみると、そんなに難しいものでもない。 売り物でもないのでこれが自家消費の気軽さ。 なかなか強烈な色をしているが完熟の皮の色。 砂糖は結構入ることに驚いたが、毎食食べるわけでもないので見ないふり。

 ヨーグルトを食べながら、口に入るものは自分で作ってみると「気づき」があるなと感じた。

 食べ物ばかりでは無く、庭に手を出すのも面白くおすすめ。 やはりメンテナンスは自分でしなくてはならないのだから、いろいろ植えてみればいい。

IMG_0095.jpg

手を入れることで愛着も沸くし、私の場合「家づくりと暮らしの提案」が仕事なので、話の引き出しも増えて一石二鳥。

IMG_0105.jpg
種から勝手に生えてきたシマトネリコ。  シマトネリコって常緑樹の割に葉っぱが軽やかで人気の樹種。 それなのに木の値段としては割と安い。 ただ、最近その理由が薄々分かってしまった。

成長が割と早い→植木農家的には栽培が容易ということ。

それにこぼれダネの発芽が結構容易なのか、あちこちに生えてくる。

ここで閃いた。

 植木鉢に植えなおして栽培し、新築されたお客さんにプレゼントとか・・・。
ホント苗木は簡単に採取できそう。
DIY趣味が高じて、種から育てたシマトネリコをプレゼントする日も遠くも無いかも(笑)。

何でも、自分でやってみることが学びの一歩です。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅