So-net無料ブログ作成
検索選択

コルビュジエって誰よ? [建築]

こんにちは、大林です。

 昨日のニュースで「国立西洋美術館が世界遺産に!」という話があちこちで放送されていた。 「ル・コルビュジエ」という建築家の名前が、この日ほど飛び交ったことはないだろう。  朝のテレビには、東大の建築学科を卒業した、菊川怜さんの姿。 きっと彼女も「大学の授業の課題に出てきた建築家、ル・コルビュジェの名前をテレビで読みあげる日が来るとは!」と思ったはず(想像)。

 建築を学んだ人間には、おなじみの建築家の名前。  スクラップビルドの世の中にあって、建物の存在が世に認められるは良いこと。 きっと建物を大事にするよね。 昨日まで西洋美術館に見向きもしなかった人たちが行列しちゃったりするのは、アレッ?と思うけど。

 大学時代、意識の高い学生は早い段階で海外まで建築を見に出かけていた。 私自身はそこまで建築に目覚めていなかったので、建築見学旅行の面白さに目覚めたのは、学生から社会人になる間際。 勤務地が千葉で成田空港にアクセスが良かったので、早めに夏休みを取り毎年夏は一週間ほど建築巡りをしていた。  建築と旅行ってすごく融和性の高い組み合わせだと私は感じている。 その建物がどんなところに建っていて、周囲はどんな空気で、どんなものが視界に入るかというのは、現地に行かないと分からない。  最近はストリートビューがあるので、大分疑似体験はしやすくなったが実際の旅の楽しみと達成感は格別。

 ル・コルビュジエの設計した建物も、7か所ほど回っている。 大抵、バスと電車と徒歩で回ったので今でも思い出は鮮明。 超不便なところも何か所かあり、それも思い出。

PICT0411.jpg

建築人には王道ですが、ロンシャンの教会(フランス・ロンシャン)。 このあとスイス人ファミリーに「バーゼル(スイス)まで帰るけど乗ってくか?」と言われ車でスイスに入国。 相手が悪い人だったら「邦人旅行者行方不明」って事件になったかも。 

PICT0355.jpg

ユニテダビタシオン(フランス・マルセイユ)
マルセイユは、驚くほど空が青かったのが印象的。 もちろん建物は素晴らしく、予定変更して2泊してしまった。

 私の周りでも、子供がそろそろ大学生になるという家庭もある。 どんどん旅行してほしいな。 世界中、見ないと分からないことも多い。 とくに建築は、見て触ることも訓練の一つ。 私自身、設計の考え方にも国内外の旅行がとても生きている。  「可愛い子には旅をさせよ。」 昔から言い古された言葉であるが、今考えても深い。
 
 大切なのは、一歩踏み出す勇気と、自分で考えること。  20年前に比べると、ネットが発達した分相当便利なはず。 電話で飛行機の予約確認(リコンファーム)するなんて、英語のリスニング問題みたいにドキドキした。 その点は現代が羨ましい(笑)。

大林勇設計事務所

建て主さんから教えていただくこと [建築]

こんにちは、大林です。

 スッキリいい天気。梅雨の前の気持ちの良い時期です。 アジサイももうじき咲きそう。 好きな季節です。 薪ストーブの終わる淋しさを打ち消すように新緑が綺麗! 四季っていいなあと今更ながらに感じる私です。

さてさて・・・

 先ほど、HPの写真を整理していたら、数年前の出来事を思い出しました。

設計の最中にお客さんの口から「デンセイカンって付きますか?」と聞かれたこと。

「デ」「ン」「セ」「イ」「カ」「ン」

 ハイテク企業にお勤めの建て主さんから、まさかそんなアナログの言葉が発せられるとは予想外過ぎて、事態を飲み込み「伝声管」と変換するのに多分5秒くらいかかりました。 

情けないことに多分、第一声は「はぁ、なるほど。」と場つなぎにとりあえず言ったかもしれません。

 「きっと既製品をどこかで見かけたんだろうな。」と思い、仕事場に帰って検索。 サクッと既製品が見つかり、図面に書けばイッチョ上がり・・・な訳はありません。

 出てくるのは戦艦の写真ばかり。 どうしましょう? 見積もりを取るにも製品の実体が無いのですから取りようがありません。

 壁の中に隠れる途中の部分は、水道管を連結するとして肝心なラッパのような部分はどうしよう? ホームセンターや金物屋を回ります。  が、そんなものはありません。 だって使う人がいないのですから売っているはずもありません。

 ヤケクソで100均で御碗を購入。 そのままでは当然ですが御碗です。 これをホールソーでくり貫き水道管と連結。 現場であてがってみると、色さえ何とかすればそれっぽく仕上がりそう。
IMG_9531.jpg

 剥がれないように処理をしてスプレー塗装。 ここまでまさかの一級建築士の仕事(笑)。 昔の模型少年ですから、こういうの実は大好き。

IMG_9723.jpg

茶色の御碗が伝声管のラッパ部になりました。

あとは、水道屋さんにパイプを施工していただき、
IMG_9527.jpg 

完成! 1階は白、2階は黒で仕上げました。
_MG_8858_ShiftN.jpg

現場の職人さんと「聞こえる?」「聞こえる聞こえる、ワーイ!」と子供のように通話実験をしたのは言うまでもありません(笑)。

無いものは作る。 建て主さんの口からポッと出たひと言で、知恵を働かせる機会が生まれました。
「大林さん、伝声管いいですよー!」建て主さんにも喜んでいただけました。

新卒で勤めた量産ハウスメーカーだったら、間違いなくこんな小回り中の小回りはできなかっただろうな、と思い出深い出来事でした。 

大林勇設計事務所 

1300年ほどタイムスリップ? [建築]

こんにちは、大林です。

 GWも終わって平常営業中なのですが天候がはっきりせず・・・。
悶々としたここ数日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 私、GW中に1300年ほど歴史を遡っておりました。 「なんと立派な平城京」って学生のころ暗記したアレです。 710年平城京遷都ってハナシです。

 先日、子供用に
角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 全15巻定番セット

角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 全15巻定番セット

  • 作者: 監:山本 博文
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2015/08/06
  • メディア: 単行本



をセットで大人買いしてしまいまして、読み始めたらコレが面白いんです。 歴史を流れで捉えるというのが社会の授業ではない仕組みで非常に楽しめます。

建築好きとしては、↓これだけでロマン感じてしまいます。 
IMG_9690.jpg

これは何かというと平城京の遺構の保存館の様子。 柱の建っていた部分の跡です。 ビックリしたのは、遷都する時は建築資材もほとんど再利用で、次の都に持って行ったそう。サーカスのテントのようなイメージでしょうか? 

調査後埋め戻した柱の跡には、ツゲの木が柱状に丸く仕立てられ植えられている。
IMG_9671.jpg

パッと見はただの公園のようですが、ここに建物が建っていたのかと思うと建築的には「萌えポイント」です(笑)。

大極殿は復元され、中に入ることもできます。
IMG_9679.jpg

当時の天皇目線の眺め。
IMG_9677.jpg
向こうに見えるのが朱雀門。 その間に近鉄の線路があります。

広大な敷地の一角には、現代で言うところの迎賓館的役割の「東院庭園」も復元されています。
IMG_9685.jpg

 奈良というと、残念なことに「ああ、東大寺ね、法隆寺ね、奈良公園のシカね。」というところで興味が止まっている方も多いと思いますので、もう一歩踏み込んでみると素敵な奈良に出会うことができると思いますよ。 再訪したい素敵な街です。  吉田蚊帳の麻の暖簾、良かったなあ。 帰ってきてから思い出すと買いたくなってしまう。

 ちなみにそこそこの規模の「前方後円墳」も初めて見ました。 奈良は古墳も多く歴史のある街であることを実感します。 レンタサイクルで1日18キロも走りました。 なかなかのハードワークでした。

IMG_9665.jpg

大林勇設計事務所
タグ:奈良 平城京