So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

暮らしと食事 [建築]

こんにちは、大林です。

 平昌オリンピック真っ最中、皆さんテレビ観戦してますか?
選手の帰国がやけに早いなと思ったら、隣の国でしたねそういえば。

 大学の時、休みの日はスキー場でコブコブを楽しんだり、モーグルのまねごとをして頭部バックリ切れた経験のある私としては、スキーにしてもスノボにしても空中技が異次元過ぎて唖然としてしまいます。 たぶん、道路の信号機くらいの高さまで飛んでいる感じ? ああ恐ろしや。

そんな感じで、私はスポーツ大好きです。

27993531_1552534531530969_1594235600418803313_o.jpg

日曜日は、地元浜松で開催された「第14回浜松シティマラソン」に参加。
陸上経験が中学校で終わっているオジサンの割には、4656人中117位で上出来の結果。

「日頃見慣れた浜松の街でマラソン開催というのはこんなに楽しいんだね。」というのが今回の発見でした。 各所で交通迂回などご迷惑お掛けしているかもしれませんが。 また、来年も出たいと思います。

 さて、こうしてスポーツに取り組んでいると思うのは、「人間は食べたもので出来ている。」ということ。

2018-01-09 10.27.49.jpg

 秋にキャベツの苗を植えたのですが、この冬はキャベツが高く、自家栽培野菜で大助かり。 料理も好きなので贅沢に白菜・キャベツ・大根を食べています。 キャベツなんてスーパーで1玉400円超えていてビックリ。

納豆やヨーグルトなどタンパク質も欠かせませんね。 糖質は減らそうかななんて、オジサンランナーなりに試行錯誤しております。 面倒なことを楽しんでいます。

とどめは暖かい家で良く寝る。 これに尽きます。

当事務所の家づくりは「心の健康・体の健康」をテーマにしていきたいと思います。 強制的にマラソンを走らされることはありません、多分(笑)。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

家族が成長すれば暮らしも変わる。 [建築]

こんにちは、大林です。

今日は久しぶりの雨、植物にとっては恵みの雨! 私の狭い家庭菜園のキャベツも成長してくれるといいな。 野菜が高いので(笑)。 

今日は絵本でハッとしたお話の紹介。

高校の先輩のFacebookで絵本作家の森山京さんの訃報を知らせる記事を見かけました。

 そこでは先輩がかつて読み聞かせをされたという森山京さんの代表作の「おおきなテーブル」という作品が紹介されておりました。 あらすじをサラッと読んだところ、仕事がら読みたくなり、とても久しぶりに図書館で絵本を借りました。 絵本なんてほんと懐かしいなあ。

2018-01-16 07.22.53.jpg

すごーく大雑把に言うと、家の「おおきなテーブル」を中心に描かれる家族の変化を描いた物語です。

当事務所の建主さんは若夫婦が多かったのですが、ここ数年は子供が巣立ってからの建て替えなどのご縁があり、家族の時間変化を意識して設計する機会が増えたのでちょっとしんみりしてしまいました。

まさに、我が家も中1・高1の長男次男の巣立ちも意識する時期になり、絵本の主人公のうさぎのおばあさんの心境が他人事ではなく、「はぁー[右斜め下]」とため息が出てしまいそう。 生意気盛りですが貴重な時間を過ごしていることに気づかされます。

我が家は毎年、実家に押し掛けてワイワイとこたつを囲んで年越しするのですが、これって幸せなことなんだなと実感します。 きっと親孝行ですよね? 迷惑かも(笑)?





お子さんが大きくなって来たパパママにも是非読んでほしいと思います。

子供が小さいときは、私も実感なくスラスラ読めたと思いますが、今は声に出して読むと胸が詰まってしまいそうです。 子供と暮らす住宅設計のヒントを得た気がしました。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

便利な時代ですね。 [建築]

こんにちは、大林です。

3年に一度の定期講習に行ってきました。

2018-01-11 13.25.11.jpg

姉歯事件のあとで、「建築士の知識と能力を向上しなくては!」ということで始まった定期講習制度。
受講料12000円の出費だがやむなし。

感じたことをちょっとメモ。

ちょうど数日前に高校生対象のT進ハイスクールの受講システムの説明を受けたばかりだったので、この日のN建学院の講習を聞いても、今更ですが時代は変わったなと改めて実感した。

昭和的考え方(笑)だと、そこに先生がいて生徒がいて講義が成り立っていた。 今は、会場を用意して講義というコンテンツを売るのが塾や予備校のビジネスモデル。

コンテンツが出来上がれば、一人でも多数の人に売るのが商売成功の秘訣。 そりゃそうだ。 そのくせ、受講費は安くはない。 

わざわざ予備校まで通わなくても、田舎の山間部でも地球の裏側からでもインターネット設備があれば、受講は可能。

好きな時間に好きな場所で視聴できる。 便利なのはわかるんだけど・・・。

ただ、ちょっとその感覚は私のような昭和人にはちょっとドライすぎて、物足りないな。
住宅の設計がこんなにドライだったら、面白くないだろうな、と感じました。

もうしばらく、ウェットで手間がかかる世界で仕事して行こうと思いました。

2018-01-09 16.31.22.jpg

この前、古本屋の前を通ったら店頭で一冊108円だったのでついつい購入。 邪魔になったから処分された本かな。  場所を取るし、何度も読む本でもないのですが、桂離宮と法隆寺ですからね、建築を生業とするものなら素通りできない(笑)。

大林勇設計事務所
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

あけましておめでとうございます。 [建築]

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

2018-01-05 10.45.46.jpg
現場はすでにスタートしております。

 皆様はどんなお休みを過ごされましたか?
私は、久しぶりに東京に出かけてみました。

 かねてからやってみたかった、皇居ラン。 朝6時前から人も車もほとんどいない道を走ってみました。 休み中だったので一般ランナーはあまりおらず、すれ違うのは警備中のおまわりさんばかりでした。 大手町の読売新聞本社付近では、箱根駅伝スタートゴールの設営でも行われているかと思いましたが、特に見当たりませんでした。 ちょっと早かったかな。

 あと驚いたのは、あちこちで工事の真っ最中でした。 朝6時前に現場事務所の電気は煌々とついており、うわさに聞く建築ラッシュを感じました。

 仕事柄、現場が好きなので現場の土が見えているとちょっとワクワクします。 いま、掘ってます!という感じで勝手にライブ感を感じます。 完成後は大手町付近で土を見ることってなかなか無いですから。

 それにしても、皇居は大きかった。 堀を埋めて都市開発しようなどと思わなかった先人に感謝したいものです。 今の東京に適正なサイズなのかは分かりませんが都市の緑は貴重ですから。

 郊外生活に慣れた私には東京都心部はちょっと生活の現実感がなく、田舎で野菜の種でも撒いて収穫する地面に近い生活の方が性に合っているなと再確認しました。

 そんなわけで、今年も地域に根差した身の丈の建物を作り出していこうと再認識した旅でした。
今年もよろしくお願いします。

大林勇設計事務所
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

2017年もあとわずか。 [建築]

こんにちは、大林です。

今年も残り少なくなりましたが、皆様新年を迎える準備はお済ですか?

私は掃除をしながら、パンフレット類の片づけをしつつゴミ処理をしております。
しばらく使わなかったものは、迷わず捨てる。

まず、今回のターゲットはこれ!

2017-12-30 11.23.18.jpg

今どき、フロッピーは無いでしょ!と思うのですが、数年前まで確認申請の審査機関のデータ申請がフロッピー指定だったため、割と長く現役で働いていました。

最近はUSBメモリで対応してもらえるので、引退していただくことになり廃棄。

あとは仕事柄、紙のパンフレット類が多く、たまに整理をしないと2010年の資料が生き残っていたり、既に社名が変わっていたり、廃番だったり・・・で大幅に廃棄。

いつ使うか分からない商品カタログもバサッと廃棄。 使いたくなったらWEBで探すことにしましょう。

かなりスッキリできました。

2018年も皆様よろしくお願いします。

大林勇設計事務所
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

今、ゲストハウスが面白い! [建築]

こんにちは、大林です。

 趣味のフルマラソン参加のために、たまに一人で遠征をするのですがそんな時私が選ぶのは、「ゲストハウス」と呼ばれる類の宿です。  安いというのもあるのですが、ラウンジで大会のナンバーカードを付けたり作業していると、参加者と話に花が咲き、情報交換できたり、余っている駐車券もらったり、予期せぬ出会いも楽しみの一つ。

 仕事柄、建物に興味があるので「どのような建物で」「どのように経営しているのだろうか」という視点で観察しています。  基本的に安いということは、当然投資が少ないことを意味していて、基本的に古い建物なわけです。 そこをどう手を加えて商業ベースに乗せるかが経営センスなのだろうと思います。

 今回選んだのは、あそび工場

 ひょんなことから富士山マラソンに参加することになり、ゲストハウスを探したのですが1万人近く集まるイベントのため、どこも満室。  キャンセルがそのうち出るだろうと気が向いたときに検索しているとあるとき、初めて聞く名前のゲストハウス発見。 「あそび工場? 安いしいいか。」と、ポチっと予約。

 暗くなってから到着したのと、朝もマラソンの準備でバタバタして外観の写真は無いですが、元々は古い旅館です。 しかし、内装が面白く改装前が古い旅館だったことをすっかり忘れさせてくれます。

2017-11-26 05.10.06.jpg

 廊下だってすっかりアート感満載です。

2017-11-25 21.09.16.jpg

オーナーは若夫婦。

 大学を中退し、二人で世界一周旅行に飛び出し、帰国して身内の廃業した旅館をDIY改修してゲストハウスを始めるという、ちょっとオジサン世代には無茶とも思えるようなチャレンジ。

 ただ、私は彼らのチャレンジに心打たれましたよ。 私も昔はバックパック背負って3週間とか旅に出ていろいろな貴重な経験をしましたから、彼らと話しているとワクワクします。   

 世界一周した経験を活かし、ゲストハウスで皆をもてなそうという試み。 いいじゃないですか、一生懸命で。 宿泊者に喜んでもらおうと思って驚くことにヒノキ風呂作ってしまうような一途なところ、何だか応援したくなる。

 まだ、booking.comというホテルサイトにしか登録していないらしく国内での認知度は低く、ほとんどの宿泊者は外国人旅行者とのこと。 

「河口湖を元気にしたいんです。」キラキラした目でそう言う彼らを応援したいと思います。

チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン、富士山マラソン参加の際には、「あそび工場」是非ご検討ください。

大林勇設計事務所 


コメント(0) 
共通テーマ:住宅

やはり衣食住って大事。 [建築]

こんにちは、大林です。

この雨で夏が終わって、いよいよ秋に突入でしょうか。
10/29にフルマラソンが控えている私としては、当日は気温低めの曇りを期待しています(笑)。

さて、ブログ間隔も空いてしまったのでこりゃマズいとばかりに更新。

今日の話題は、衣食住。
とはいっても、「衣」そんなに語れる立場でもないので最近特に実感している「食」の話。

学生時代と社会人時代で合計9年の一人暮らし歴はあるのですが、その時は食べていればいいや、というレベルでした。

それが最近は、マラソンに取り組んでいることで栄養に興味が出てきたのと、妻の仕事の帰りが遅い日はご飯当番を担当していることもあり、食事を作るのがとても楽しくなりました。

IMG_0976.jpg

(写真フォルダ探したら出てきましたが、何だっけ?海老芋のような記憶も。)

 田舎のいいところで、実家の家庭菜園やご近所さんからの野菜のお裾分けを頂くことがあります。 また、農協の生産者が当日採れた野菜を持ち込む「ファーマーズマーケット」というものもあり、新鮮な野菜に恵まれる好環境にあります。  我が家の食卓は平均以上には野菜が食卓に上っていることでしょう。

 性格的に半端な野菜が残るのが気になるので、寒くなってきた今の時期は「豚汁」に放り込む。
中途半端な白菜もこれでキャベツも処分完了(笑)。  ただ、需要の割に人参とピーマン多くないかウチの野菜室。 出かけたついでに私も買ってくるのでたまに材料がダブるのは要改善です。

大林勇設計事務所



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

学生時代の懐かしい街を訪ねる [建築]

こんにちは、大林です。

今年の2月のことです。

 建築知識ビルダーズという雑誌に「日本の断熱・気密の原点へ」という企画で、私の恩師の家が掲載されました。 築38年の高断熱高気密住宅の先駆けと言われる住宅です。

2017-09-03 19.24.49.jpg

注:表紙の家ではありません。

2017-09-03 19.21.45.jpg

学生の頃一回だけ授業で伺ったことがあるな・・・と懐かしくなると同時に今の自分の目にどう映るか、たまらなく再訪したくなりました。

 恩師は御高齢のため、現在他のところに住んでおられ、現在は研究室OBで私と同時期に研究室から巣立った、イラン人のタギさんがお住まいです。  私は、タギさんに電話で連絡を取り訪問させていただくアポを無事取り付けました。 タギさんと会うのも20年ぶりです。

2017-08-28 14.11.44.jpg

うわー!懐かしい。 最近は、建築関係の業者が研修旅行でバスで来る日もあるとのこと。

2017-08-28 13.27.32.jpg

100坪の家を薪ストーブ一つで暖めているとのこと。 薪活動に余念がない。 私も同志なのでよく分かる。

2017-08-28 13.27.07.jpg

この家の断熱の厚みが分かるところはここ!とタギさんが教えてくれた。 この壁の左側が構造の壁、右側が断熱の厚み! 

2017-08-28 13.42.35.jpg

現在はタギさんの仕事場になっている、2Fリビング。 雑誌を見てここにまた行きたいと思ったんだよなあと感慨もひとしお。

2017-08-28 13.43.04.jpg

南側の縁側温室空間。

2017-08-28 13.59.13.jpg

ロフト部分。 木製トリプルサッシなんて便利なものがなかった時代。 建具屋さんの手による製作建具。

2017-08-28 14.08.11.jpg

最後にタギさんと1枚。 家の傷んだところをこれからは直していくんだと、旧荒谷邸を守っていく決意を大いに感じました。 タギさん、お忙しいところ時間を作ってくださりありがとうございました。

大林勇設計事務所






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

作品集を増やしました。 [建築]

こんにちは、大林です。

本日は、台風の影響で雨。

進行中の基礎工事も本日はさすがに休み。

朝からPCの前で仕事しております。

先週、たまりに溜まった写真を整理しながら作品集の内容を増やしました。

sssIMG_0701.jpg

・浜松市・つどいや


IMG_0231.jpg

・浜松市・あんのや


IMG_0767.jpg

・浜松市・いやすや

まだ、宿題が残っているのですが(汗)、ひとまず3つの作品をアップさせていただきました。

 それぞれの家が出来上がる過程にはドラマがあり、私にとっても大切な思い出であり、大切な財産です。  いつも機会あるたびにブログには書いておりますが、私はやはりこの仕事が大好きです。  

 当事務所にご依頼してくださった皆様に感謝です。

大林勇設計事務所

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

高校の同窓会に参加しました。 [建築]

こんにちは、大林です。

土曜日に恒例の高校同窓会総会@グランドホテル浜松に参加してきました。

毎年、多彩な講師の講演が非常に魅力的なのでここ数年、参加しています。

 今年の講師は、法政大教授の杉本龍勇氏。 大学教授であると同時に、サッカーの岡崎慎司選手のフィジカルアドバイザーとしても有名な方です。 冒頭に岡崎選手からの杉本氏紹介のビデオコメントが上映され、厚い信頼が滲み出ておりました。 この前、TBSの「情熱大陸」にも出演されてましたね。

2017-07-22 15.09.22.jpg

 我々も二年後に幹事学年を迎えるため、講師の人選には皆で悩みそうなのですが今年の幹事学年の「反則?」な点は、同級生から講師を出してしまったことです(驚!)。  我々の代も誰かノーベル賞でも取ってくださいな、お願い!(他力本願)。 

 冗談はさておき、歳をとったのかやはり、高校の同級生は懐かしくていいですね。 私も浜松にいる限り、同窓会のお手伝い役のお誘いを無視するわけにもいかないのと、勿体ないことだなと思い、何かしら手伝うことになりそうです。

 過去を振り返り、未来への飛躍。 人生の飛躍のためにも、何かしらのヒントに出会えそうです。 ここをご覧の同級生の皆さんもぜひ。

大林勇設計事務所

余談ですが、せっかくだから同窓会で集まったついでに翌日走ろうと言い出す方に乗っかり、高校正門前に8時半集合で9人でジョギングをしました。

ご褒美は・・・高校生以来の「ぬのはし」でのかき氷。 バラエティ450円+ミルク増50円=500円でした、安い。
2017-07-23 11.14.41.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | -